Amazonプライム会員の落とし穴!無料体験期間で気を付けたいこと

Amazonを頻繁に利用する人は得ばかりのプライム会員ですが、ちょっとした落とし穴もあります。

落とし穴といってもそんな問題になるようなことではありませんが・・

ちょっと加入前に気を付けた方がいいなと思うことがあったので2つほど紹介します。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員の無料体験期間

これはもう、多くの人に認知されていると思います。

無料体験期間が30日間を過ぎると自動で有料会員になるということ。

登録したクレジットカードから年会費の3,900円が自動で引き落とされます。これに文句を言う人も多いですが、しっかりとプライム会員の説明に記されています。

「Amazonプライム無料体験に申し込む」ページに「無料体験期間もしくは1年間の有料会員期限が終わると、自動的にAmazonプライム会員の登録が更新される」と表示されています。

これをしっかり確認した上で無料体験だけを利用したいと思った場合、「プライム会員に登録した日」と「年会費が発生する日」を確認できるページも覚えておきましょう。

「アカウントサービス」⇒「Amazonプライム会員情報」で確認できます。

プライム会員

また、このページで自動的に移行するかどうかの設定も変更できます。

「自動移行しない」を選択すると、「会員資格を継続します」「更新前にお知らせを受けます」「会員資格を継続しません」の3つから選ぶ事ができます。

自動移行しない

「会員資格を継続します」と「更新前にお知らせを受けます」を選ぶと無料期間終了後に自動的に年会費が引き落とされます。

「更新前にお知らせをうけます」の場合は3日前にメールでお知らせが来るだけなので気を付けましょう。

「会員資格を継続しません」なら、無料期間を丸々使うことができて自動的にプライム会員の解約となります。

スポンサーリンク

年会費を支払った後でも返金可能

正式にAmazonプライム会員になり、年会費を支払ったとしても場合によっては返金が可能になります。

年会費を支払った後にAmazonを利用していないなら、まず返金してもらえます。

Amazonを利用した場合は、減額して返金が可能とのことです。減額の理由や金額は秘密だそうです。

Amazonは意外と色々なケースで返金が可能だったりします。

困った時は取りあえず、「カスタマーサービス」に連絡しましょう。

kindleやFireのキャンペーン割引ができない


Fire タブレット

プライム会員限定価格として「fireタブレット」と「kindle電子書籍リーダー」が4,000円OFFというもの。

これに釣られて加入を決める人も多いかと思います。私もこれが目当ての一つで会員になりました。

また、この割引は1アカウントで1台までです。更に、無料体験期間中では4,000円割引になりません

通常料金での購入は可能ですがAmazonに問い合わせた所、有料会員になって4日経過してからじゃないと割引を受けられませんとのことです。

無料体験期間をすっ飛ばして本会員にできないか聞いたら駄目だ。との返答を頂きました。プライム会員は必ず無料体験を30日間継続してからじゃないと有料会員になれません。

これは意外でした。自動的に有料会員に移行させるAmazonですから、無料期間をすっ飛ばせると思ってました・・

ですが、嬉しいことに無料期間中に4,000円割引キャンペーンが終了した場合、例外的にカスタマーサービスで割引が行われるように手配してくれるとの返答を頂きました。

無料期間中にキャンペーンが終わってしまった方はカスタマーサービスで問い合わせるようにしましょう。

カスタマーサービス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする