Amazonプライムミュージックの使い方!ダウンロードやオフラインで流す方法

Amazonプライムミュージック

Amazonプライム会員になることで追加料金無しの無料で音楽聞き放題となる『Amazon プライムミュージック』

端末に直接ダウンロードすることもでき、オフラインでも聴けるのは嬉しい。

しかし、使い方に慣れるまではちょっと戸惑ったので紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

Amazon PrimeMusicで出来る事

プライム会員になることで即使う事が可能です。

PrimeMusicで出来る事は以下の通り。

・音楽が聴き放題
・端末にダウンロード可能
・オフラインで再生可能
・バックグラウンドで再生可能

プライムミュージックアプリをダウンロード

スマホ・タブレットで使う場合はアプリをダウンロードする必要があります。

PCで聴く場合はデスクトップ版かweb上で聴くことができます。web上の場合は通常通りAmazonページで「プライムで聴く」を選ぶだけです。

iPhone
Android
デスクトップ版

Amazonプライムミュージックの注意点

聴き放題とはいえ、制限はあります。

プライムマークの付いた「プライム対象」の音楽だけが聴き放題です。

プライム対象

プライム対象ではない音楽は購入する必要があります。ただ、これに関してはAmazonページで音楽を探す場合に「Prime Music」のカテゴリを選択してから探せば対象の音楽しか出てきません。

また、「プライムミュージックアプリ」で探す場合もプライム対象の音楽しか出てきません。

ただし、Amazonページから探す場合にはもう一つ注意したいことがあります。

プライム対象の音楽でも「購入ボタン」を押すとお金が発生します。

アルバムを購入

無料で聴きたい人は上の「プライムで聴く」を選択しましょう。

iOS版AmazonMusicアプリの使い方

慣れてしまえば非常に簡単です。

iPhone版では楽曲の購入はできません。プライム会員としては間違って購入することが無いので嬉しいことです。購入する場合はwebページからになります。

Android版には「ストア」の項目もあり、購入も可能で基本的な操作は同じです。

iOS版のメニューは「Prime Music」「ライブラリ」「最近のアクティビティ」の3つだけです。

スポンサーリンク

音楽を探すのは「Prime Music」

「Prime Music」を選択して上部に表示される中から選びましょう。

「おすすめ」「プライムラジオ」「プレイリスト」「注目」「新着」「人気」の6個と右上にある検索を使います。

検索

おすすめ

自分が再生した音楽に合った音楽をおすすめとして表示されます。

プライムラジオ

通常の誰かが喋っているようなラジオ番組ではなく、各ジャンルに分かれた音楽が延々と流れます。

この時、表示されているサムネイルの両脇に「サムダウン」と「サムアップ」アイコンがあります。

「サムアップ」アイコンをタップすると似た楽曲を流してくれます。「サムダウン」をタップすると再生中の楽曲はスキップされます。

プライムラジオ

これを繰り返すことでユーザーの好みの楽曲を記憶して「プライムアルバム」を自動で作成してくれます。

※「プライムアルバム」はおすすめで表示されます。

プレイリスト

様々なムードやジャンルに分けられた曲を聴くことが出来ます。

J-POPヒッツや読書しながら聴くジャズ・ピアノなと、作業用BGMとしてピッタリな曲が流れます。

注目・新着・人気

この3つのカテゴリーは名前通りなので説明は省きます。

最近追加されたアルバムやプライムで人気のあるアルバムなどが紹介されています。

ライブラリの使い方

ライブラリではクラウドライブラリに追加、端末に保存した楽曲の削除やプレイリストの作成が出来ます。

項目は「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」「曲」「ジャンル」があります。

「削除」をすると端末・クラウドライブラリの両方から削除されます。クラウドライブラリに保存しているが端末にダウンロードしていない場合はここから端末へダウンロードができます。

プレイリストの作り方

「プレイリスト」から「新しいプレイリストを作成」を選択します。

プレイリストの作り方

好きな名前を入力して「保存」で完成です。

プレイリストを作る方法

プレイリストへの追加はプライムラジオで再生中の音楽でも、ダウンロードした音楽でもOKです。

縦に3つ並んでいる点をタップすることでメニューを開けます。

プレイリストへの追加

プレイリストからの削除は削除したい曲が入っているプレイリストを開いて、追加時と同じように削除したい曲のメニューを開いて削除可能です。

最近のアクティビティ

ここでは自身が最近追加・ダウンロードした曲の確認ができます。

昨日聴いた曲なんだっけ、もう一回聴きたい。といった時に便利です。

端末に音楽をダウンロードorクラウドライブラリに保存する方法

端末にダウンロードorクラウドライブラリに保存するにはダウンロードアイコンをタップするだけですが、曲を探している方法によってちょっと違いがあります。

一曲ずつの場合

ダウンロード

画像の赤枠部分をタップすると「ダウンロード」や「プレイリストに追加」などが表示されます。「ダウンロード」は端末に保存、「プレイリストに追加」はクラウドのプレイリストに追加され、端末には保存されません。端末に保存したい場合はプレイリストから端末へダウンロードします。

緑枠の「+」はクラウドライブラリに保存されます。何が違うかというと、クラウドのプレイリストの場合は作成したプレイリストかプレイリストを新規作成して保存する必要があります。

クラウドライブラリへの保存は単純に曲を保存するだけになります。自分が作成したプレイリストに追加したくない場合は「クラウドライブラリへの保存」、曲を気に入って自分が作ったプレイリストに追加したい場合は「プレイリストに追加」を選ぶようにしましょう。

間違ってプレイリストへ追加して削除した場合はプレイリストで曲を選択してプレイリストからの削除を選びましょう。

アルバム単位で保存・ダウンロードする場合

保存

アルバム単位の場合は1曲づつのように「+」アイコンがありません。

画像の赤枠部分をタップするとメニューが表示されるのでそこから選択します。

「ダウンロード」が端末へのダウンロード、クラウドライブラリに保存したい場合は「ライブラリ」に追加、プレイリストに追加したい場合は「プレイリストに追加」をタップします。

端末にダウンロードかクラウドライブラリに保存なのか確認する方法

ダウンロードアイコン

画像の赤枠の部分薄っすらとダウンロードアイコンがあります。これが端末にダウンロードしてある音楽です。

アイコンがないものはクラウドライブラリに保存されています。

プライムミュージックをオフラインで聴く方法

プライムミュージックで端末にダウンロードした音楽がWi-Fi環境がないオフラインでも聴くことができます。

メニューとタップして現れる各項目の一番上にある「オフライン再生モード」これをONにするだけです。ONにすると画像のようにオレンジ色になります。

オフラインで聴く方法

このモードにすると当然ですが、「PrimeMusic」は使えません。「ライブラリ」と「最近のアクティビティ」だけを選べます。

非常に便利な機能ですが、端末にダウンロードした音楽のみということに気を付けて下さい。

音楽のデータ量は多くありませんが、大量の音楽を保存すると端末の容量が圧迫されて容量不足なんてことになります。

何でもかんでも端末にダウンロードするのは避け、オフラインで聴くことがあるかもしれない曲だけを保存し、オフラインで聴かない曲はクラウドライブラリに保存しましょう。

曲を流しながらAmazonMusicアプリを操作するには

最小化

左上の赤枠部分に小さく「最小化」とあります。ここをタップすることで再生中の画面が最小化され、曲を流しながらアプリを操作できます。

最小化した画面は下にあるので、画面を戻したい場合はタップすると戻ります。

戻す

バックグラウンドで音楽を流すには

アプリを強制終了せず、ホームボタンを押すだけでOKです。ロック画面からでも曲の操作は可能で、iOSの標準ミュージックアプリと近い操作感で使えます。

また、ほとんどのアプリと同時に使っても曲をバックグラウンドで流すことが可能です。ゲームアプリを起動しても流れたのにはちょっとびっくりしましたが、一部のアプリでは流すことができません。

プライムミュージックを使ってみたレビュー

個人的には大満足です。スマホからコンポへBluetoothで繋ぐ事も出来るし、何よりも洋楽好きでちょっと古めのばかり好きな人にとっては最高じゃないでしょうか。

ただ、最新の曲を聴きたい人にはあまりおすすめできません。特にJ-POPやアニソンは少なく感じます。

このサービスは音楽好きな人よりもたまに聴く程度の人の方が新しい音楽と出会う切っ掛けができると思います。

昔から音楽を沢山聞いてCDも多く持っている人にはあまり必要がない気がします。

BGMとしてジャンルを選べば延々と流れてくれるので、自分であれこれ考えないで済むのはいいですね。自分のiPodから音楽かけるとあれもこれも聴きたくなって作業に集中出来なくなることもあるので、次に何が流れるかわからない「プライムラジオ」は本当にいいものです。

プライム会員を退会しなければオフラインでも聴けるし、あくまで送料無料のオマケとして付くこのサービスに不満を持つことは無いですね。

プライム会員になってない方は30日間は無料で利用できるので興味がある方は試しに入会してみてはいかがでしょうか。

プライム会員について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする