Amazonのお得で便利な使い方!割引(セール品)を見つける方法

Amazon

Amazonで割引商品(セール品)を見つけるのに苦労してませんか?

Amazonではタイムセールや50%OFFなど、期間・数量限定の商品も多くあります。

この記事ではAmazonで安く買い物ができるお得なテクニックを紹介していきます。

スポンサーリンク

Amazonで安く商品を買えるテクニック

・タイムセール品
・アウトレット品
・割引商品
・金額を指定する
・ブックマーク

これらの使い方を覚えると簡単に安い商品を見つけることができます。

それでは、順を追って説明していきます。

タイムセール品

Amazonタイムセール」といった期間・数量限定のセールがあります。

表示される商品は割引率も高く、80%OFFなどの商品もあります。

タイムセール品は時間制限があるので、期間内に購入する必要があり、基本的には型落ちしたものや売れ残りが多いですが、たまに思わぬ発掘品があることも

カテゴリを選択すると商品の絞込みもできます。

セールスタイプでは「本日の特選商品」、「タイムセール」、「プライム会員限定先行タイムセール」などの選択や、価格やディスカウントでの絞込みも可能なので商品も探しやすくなっています。

特に、プライム会員限定先行タイムセールではかなりお得なセールを開催している時もあるのでAmazonプライム会員になるとよりお得な買い物が可能になります。

アウトレット品

Amazonアウトレット」は普通にしてると気づきにくいところにあります。

Amazonアウトレットでは、商品が梱包で傷付いたり、返品された商品で状態がいいにも関わらず、Amazonの基準では新品として販売できないものを安く販売しているページです。

いわゆる訳あり商品ですが、多少傷が付いた程度で新品と変わらない物も多く販売されています。

商品の状態は「ほぼ新品」「非常に良い」「良い」「可」の4段階で評価されています。

商品の状態

「詳細」をクリックすることで、商品のコンディションやコメントから目立った損傷はないか等を確認することができます。

商品の状態や開封済みかなど確認できるため、実際に見ることはできませんが、アウトレット商品は30日間は返品可能となっているのも安心です。

割引商品の探し方

Amazonのセール品を簡単に見つける方法になります。

カテゴリ

まずはカテゴリーを決めるか検索窓に欲しい商品のキーワードを入力します。

次にブラウザのURL末尾に文字を付け加えます。

「&pct-off=90-」
「&pct-off=80-」
「&pct-off=70-」
「&pct-off=60-」

数字の部分が割引率の指定になります。

50%OFFの商品を探したいなら「&pct-off=50-」と付け加えてください。

URL

画像では90%OFFを検索しています。このようにURL末尾に付け加えたらenterを押すと検索結果にセール品が表示されます。

スポンサーリンク

割引率を絞り込む

「&pct-off=30-50」と入力すると、30%~50%OFFの割引率の商品に絞り込むことができます。

よくチェックする商品なら毎回入力するのが面倒な場合はブックマークしておくといいでしょう。

Kindleのセール品をチェックしたい人はこんなURLをブックマークすると便利になります。

Kinfleストアで50%OFFの漫画

ブックマークしておくと毎回50%OFFの商品を探すことができます。

金額を指定する

金額を指定して絞り込む場合は、

「&high-price=」をブラウザのURL末尾に入力して、=の後ろに数字を入力します。

&high-price=1000と入力すると0円~1000円以下の商品を検索することができます。

逆に「&low-price=1000」と入力すると、1000円~の商品を検索します。

予算が決まっている時にどうしてもパソコンが欲しい!となったら

検索窓にキーワードでパソコンと入力してenterを押したあとにブラウザのURL末尾に「&high-price=50000」と入力することで50000円以下のパソコンを検索することができます。

カテゴリーやカスタマーレビュー、メーカー名などをある程度絞ってから使うとより効果的です。

ブックマーク機能を上手く使う

毎回ブラウザのURLに入力したりサイドバーで絞り込んだりするのは面倒なので、良くチェックするページはブックマークしておきましょう。

Amazonページのサイドバーでカテゴリやカスタマーレビューなどで絞り込んで自分好みの検索を作ってそれぞれブックマークしておくことで簡単にチェックすることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする