Androidで「バージョンに対応していません」のアプリインストール方法

ゲームが対応してない

Android端末でGooglePlayからアプリをダウンロードしようとすると

「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」と表示されることがありますよね。

しょうがないか、と諦める事もあるけど凄く期待して待っていただけに我慢できない!と言う人も多いですよね。

そんな場合に、Android端末へAPKファイルをダウンロードしてアプリを使える様になる方法があります。

ただ、絶対できるというわけでもないのでご注意ください。

スポンサーリンク

APKファイルとは

APKファイルとはAndroidアプリの本体だと思って下さい。

GooglePlayでは端末がアプリの要求スペックを満たしていてもダウンロードできない場合があります。

そんな時はAPKファイルをダウンロードしてインストールすることで、アプリを使うようにできる可能性があります。

これは「野良アプリ」、「野良APK」とも呼ばれています。

また、無料アプリだけなので有料のアプリをただで使えるといったものではありませんし、ウィルスが混入されている場合もあるので完全に自己責任で行ってください。

提供元不明のアプリのインストールを許可する

APKファイルは提供元不明アプリなので設定を変更しておかないとインストールが出来ません。

「設定」⇒「セキュリティ」へ移動して「提供元不明のアプリ」をONにしましょう。

提供元不明のアプリ

Androidのバージョンにより場所は違いますが、「セキュリティ」か「アプリケーション」のどちらかに「提供元不明のアプリ」の表示があると思います。

セキュリティ保護の為にもAPKファイルのインストールが終わったら元に戻しておくといいでしょう。

APKファイルのダウンロード

アプリの本体であるAPKファイルをダウンロードする必要があります。

APKファイルをダウンロードする方法はAndroid端末に「APK download」アプリをインストールしたり、web上のサイトからダウンロードが可能です。

APKをダウンロード出来るアプリはよく削除されたり、使えなくなったりしますが、GooglePlayの検索で「APK ダウンロード」と入力すると出てきます。

この記事を書いている時は「APKマネージャ」というアプリを使用しています。

web上からダウンロードする場合は以下の様なサイトで探すといいでしょう。

apk downloader
apkpure.com
apkmirror

使い方が分からないという人は面倒なことになる前に諦めましょう。

スポンサーリンク

APKファイルを端末へ移す

PCでAPKファイルを落とした場合は容量が少なければ「Gmail」経由で送るのも簡単です。

他にもGoogledriveなどのクラウドサービスやファイルマネージャを使うといいでしょう。

APKファイルのインストール

ダウンロードしたAPKファイルは端末の「ダウンロード」に保存されたりと、端末によって違う場合もあります。

ダウンロードへ保存された場合はそのままタップしてインストールするだけです。場合によってはファイルマネージャが必要となります。

アプリからインストールする場合は検索でアプリ名を検索しましょう。

アプリを見つけたら「Download」をタップして端末に落とします。

非対応

APKファイルがダウンロードされた場所へ移動してインストールします。

問題が無ければ「次へ」をタップして「インストール」をタップします。

インストール

これでアプリのインストールが完了しました。インストールできているか確認して起動しましょう。

ゲーム

以上で完了です。

ダウンロードしたAPKファイルは削除しても問題ありません。ただし、何かしらで再インストールする可能性があれば残しておく方がいいでしょう。

アプリのアップデートが出来ない

以上の方法でアプリを使用していると、GooglePlayストアとリンクせず、アップデート(更新)が出来ない場合があります。

その場合は最新のAPKファイルをダウンロードしてインストールすることでアップデートができます。

新しいAPKファイルをインストールしても古いバージョンに上書きされるだけなので、データが消えて最初からゲームスタート!ということにはなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする