iOS10アップデートで追加される新機能は何だろな!使い方は面倒じゃなさそう

iOS10

ベータ版を導入して既に新機能を試せるAppleの次期iOS『iOS10』

新たに追加される新機能の数々が待ち遠しいですね。

この記事では、新機能やリリース日について紹介していきます。

スポンサーリンク

iOS10のリリース日

iOS10のリリースは2016年秋と発表されました。

iOS6の頃からリリースが9月の第3水曜日となっていることから、2016年9月14日(水)が濃厚です。

iPhone7も同じパターンなら発売は9月23日頃になりそうです。

新型iPhoneの発表は殆どが第2水曜日なのでiPhone7の発表も9月7日ですかね。

iOS10にアップデート可能なiPhone・iPad・iPodtouch

アップグレード可能な端末は以下の通り。

iPhoneiPadiPod touch
iPhone 5/5c/5sAir/Air 2第6世代
iPhone SEPro
iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plusmini 2/3/4

第3世代のiPadとiPhone 4Sは今回で外れてしまった。

iPhone4Sユーザーはここが替えどきですね。ちょうどiPhone7も発売でいい時期でしょう。

iOS10で追加される新機能をササッと紹介

スポンサーリンク

ロック画面が便利に

端末を持ち上げただけでロック画面が表示されるなど、通知も3D touchに対応。また、ロック解除がスワイプではなく、パスワードをかけてない人はホームボタン2回押しでロックが解除できるようになります。ホームボタンが壊れやすくなりそうなので、オフにして以前の状態に戻すことになりそうです。

iPhoneを持ち上げただけでスリープが解除され、通知画面を簡単に確認できるようになる。

iPhone6S以降で使える3D touchがロック画面で使えるようになり、通知からアクセスが出来るようになったり、デザインや機能も変わっており、右にスワイプしてウィジェットを、左にスワイプするとカメラが起動するようになる。

ウイジェットとして表示できるアプリの数も増えるので、ロックしたままでも出来る操作が多くなった。

よく確認するアプリはウィジェットに追加しておけばロック画面から簡単に確認できるようになります。

QuickType(キーボード)の予測変換が文字以外も

予測変換進化し、入力した文字に対して対応するリンクの送信ボタンがでるなど、文字だけの予測ではなくなる

文脈に合わせて予測するだけではなく、「開いている時間は?」と入力すると、カレンダーに予定が入っていない時間を候補として表示してくれるようです。

HomeKitの管理が楽になる

対応したloT家電の操作をiPhoneで行えるというもので、今までは家電ごとに専用のアプリをインストールする必要がありましたが。Appleのアプリ「Home」一つで管理できるようになります。

また、ある程度自動化も可能で、帰宅すると電源をつける等ができる。

iMessageが使いやすくなる

手書きのメッセージやコメントにアイコンを付けたり、LINEのように動くスタンプを送れるようになります。

また、SNSの投稿やメッセージにリアクションが付けれるようになる。

3D Touchならロック解除せずに返信も可能になるなど、多くの機能が追加されます。

単にLINEの真似事のようにも感じますが、Apple製品間でしか使えないので正直どうだろうって感じですね。日本では確かにiPhone利用者が多いけど、LINEがあるし設定が面倒なので使わなそうです。

今まで消せなかったデフォルトアプリが削除可能

今まで裏ワザ的な方法でしか消せなかった、デフォルトで入っているアプリが消せるようになります。

アプリアイコンを長押しして×マークが出てこなかったやつですね。

使わないフォルダを作ってまとめて放り込んでた人も多いのではないでしょうか。iOS10でようやく、満を持してといった機能です!

まとめ

ロック画面やコントロールセンターがガラッと変わり、ロック解除なんかも慣れるまで大変そうですね。

また、大幅なアップデートになるので不具合も怖い・・

リリースされてからすぐにインストールせず、人柱になってくれる人の反応を見て、安心できるようになってからアップグレードしましょう。

文鎮化だけは避けたいですねえ!

アップデートが失敗した時の対処方法

アップデート通知を消す方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする