【グラブル】キャラを100レベルに上げる!ラジエル書とエンジェル武器

ヴィーラ

『グラブル』でキャラのレベル上げって最初の頃は楽だなーと思ってました。

でもでも、最終上限解放が出来るキャラをゲットしてLv80まで上げるじゃないですか。

よっしゃ!最終上限解放してLv100にしたろ!

とノリノリでクエストに向かうんですよ。

しかし、まあレベルが上がらない・・

最終上限解放後はエンジェル武器を積極的に使わないとかなり厳しいご様子。

でも、ムーン交換で手に入る「ラジエル書」を使うのが最も最短で上げる事ができるみたいです。

この記事では、最終上限解放したSSRキャラをいかに100レベルまで上げるのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

キャラ育成に必要な経験値

レベル1~4040~6060~7070~8080~100
必要経験値36,800100,25090,500128,5004,447,000
累計経験値36,800137,050227,550356,0504,803,050

※レベル毎に必要な経験値はどのレアリティでも変わりません。上限Lvが違うだけです。

80レベルから100レベルまでの経験値がぶっ飛び過ぎてて計算間違えたんじゃないかと思いましたが、何度も計算したので合ってるはず・・

とまあ、かなりの経験値を必要とするわけです。

80~100で必要な経験値は70~80の約35倍にもなります。

経験値効率の良いクエストとして知られる「おいしい珊瑚」ですが、このクエストで80~100まで上げようと思うと・・・

約5859周する必要があり、必要APは約58590となります。

クエストで上げるのが如何にキツイかわかります。

キャラレベルを上げる為には

クエストでメインやサブに編成で入れて積極的に連れて行くのは勿論ですが、エンジェル武器や育成アイテムを使うことで多少は楽になります。

また、ラジエル書を使うことでかなり楽にあげる事が可能です。

スポンサーリンク

エンジェル武器

エンジェル武器は1個で獲得経験値が100

アークエンジェル武器は1個で獲得経験値が500

80~100まで上げるにはアークエンジェル武器なら8894本、エンジェル武器なら44470本が必要になります。

実際にはクエストを周ったりするのでもうちょっと少なく済むと思いますが・・

何にせよ、本来は武器の強化素材として使うのがメインのエンジェル系武器も、かなりの数をキャラに突っ込む必要があります。

ラジエル書

「ムーン交換」で「ラジエル書」が手に入ります。

ラジエル書には3種類あり、それぞれ必要なムーンの種類や獲得経験値が違います。

・ラジエル書・銅
キャラクターの経験値が6,000上昇
ブロンズムーン1個と交換

・ラジエル書・銀
キャラクターの経験値が30,000上昇
シルバームーン1個と交換

・ラジエル書・金
キャラクターの経験値が300,000上昇
ゴールドムーン1個と交換

80⇒100に上げる場合に必要なラジエル書

・ラジエル書・銅が741.1個
・ラジエル書・銀が148.2個
・ラジエル書・金が14.82個

こう見るとかなり前向きになれます。

課金している額にもよりますが、ゴールドムーンで「シェロカルテの特別交換券」や「ダマスカス鋼」を狙わない人なら交換した方がいいかと思います。

1~80まで上げるだけならラジエル書・金1個使えば残り56,050を上げて80レベルになります。

1~100までもラジエル書・金なら約16個使えば100レベルです。

ゴールドムーンの為に課金する人もいるんじゃないでしょうかってくらい楽に上げれますね。

まとめ

ゴールドムーンに余裕がある人はラジエル書で、ムーンが全然ない人はPTに入れてクエストを周りつつ、エンジェル武器を放り込むことになります。

後者はかなり時間がかかりますし、キャラ以外にも武器が揃っていないならキャラより武器を強化するべきだと思うのでやはり、最終上限解放したキャラの育成は時間がかかります。

オススメのゲームを紹介!

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくてキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする