『ギフル』なら安い料金でお得にiTunesカード等のギフト券が買える

ギフルの使い方

iTunesカードやAmazonギフト券、GooglePlayカード、LINEプリペイドカード、楽天スーパーポイントなどのギフト券を売買できるWebサービス『ギフル』

買ったはいいけど、使わない・・

どうせ買うなら安く買いたい・・

そんな人におすすめのデジタルギフト券を個人間で売買できるフリマサービスです。

スマホゲームに課金、買い物、使わないギフト券の換金ができるので、各種ギフト券を安く買う方法としても是非活用したいですね。

この記事では、ギフト券が安い料金で購入、換金が可能なサービス『ギフル』について紹介します。

スポンサーリンク

『ギフル』って何ができるの?

ギフルとは

「ギフル」でできることはとてもシンプル!

デジタルギフト券の売買です。

普通に買うより安く・お得に!

家に眠っていた使わないギフト券を売って換金!

ただそれだけです。

個人間での売買ですが、しっかり間に「ギフル」が入って仲介してくれるのでサービスも安心です。

売買可能なギフト券は以下の通りです。

・Amazon
・iTunes
・GooglePlay
・LINE

『ギフル』では詐欺とか大丈夫?

ギフルは安全?

フリマやオークションといったサービスで度々問題になるのが詐欺や出品者、購入者のトラブルです。

個人売買が可能、と言われるとちょっとトラブルが多そうです。

しかし、ギフルで取引可能なものは「デジタルギフト券」で、使用できないギフト券の場合はキャンセルができるので安心です。

何故、安心できるのか、それはギフルのシステムにあります。

実際にチャージを確認してから取引ができる

ギフルは危険?

購入から30分経ってしまうと取引が成立となり、返金ができなくなります。

購入者は30分以内にサービス提供会社のアカウントにチャージして、使用可能なギフト券か確認ができます。

iTunesカードなら、iTunesやApp Storeのアカウントにチャージできます。

チャージが確認できたら取引完了ではなく、購入から30分経過するか、購入者がチャージを確認して「完了報告」をすると取引が終わります。

30分過ぎた後に確認したけど使えない・・なんてなっても返金できません。

購入したギフト券が使えない場合

もし、購入したギフト券が使えない場合、30分以内ならエラー報告ができる

エラー報告というのは、購入したギフト券が使用できない場合に出品者と匿名状態での連絡が取れるようになるものです。

購入履歴ページからエラー報告をして、出品者と連絡を取り合ってギフト券番号が間違ってるなどのやり取りをすることになります。

その結果、ギフト券が使えない理由が出品者にある場合は返金が可能となっています。

また、使用済みのギフト券の出品は規約で禁止されていて、詐欺行為になります。発覚した場合は「ギフル」が然るべき対応をするとのことです。

最大30%オフで買うことができる

安いのを見つける方法

格安のギフト券を見つけるのは中々大変!

ですが、「アラート機能」を使えば条件にあった種類や割引率のギフト券が出品された時にメールでお知らせが届きます。

そのため、安く買えるチャンスを逃さない!

スポンサーリンク

クレジットカード不要で使える

「ギフル」での取引はクレジットカードを使いません。

購入の場合は指定の銀行口座へ入金するだけです。

ギフルで使用できる銀行は以下の3つです。

・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・ゆうちょ銀行

これらは振込先の銀行なので、自分がいずれかの口座を持っている必要はありません。

当然、入金は自分の口座から行います。

コンビニへ買いに行かなくても大丈夫

急にAmazonでkindle本が欲しくなった、アプリに課金したくなった!

でも、クレジットカードがないからコンビニでギフト券を買いに行かなきゃ・・めんどくさい!

そんな時に家にいながら簡単に、安く買うことができるのが「ギフル」です。田舎への出張中もコンビニまで車で数十分とか普通にあるので便利です。

と言ってもどのギフト券も普通に買うよりは安いので、振込手数料を考えて普通に買うよりお得なのか吟味して探すだけ!

現在好評のため、「システム利用料無料」キャンペーンが2017年1月10日まで延長しています。

システム利用料は出品者が取引成立後に支払うのですが、これが無料なので普段よりも安い値段で出品可能で、購入者もお得にギフト券を買うことができます。

>>ギフト券をお得に買うなら『ギフル』<<



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする