大規模アップデート『iOS10』がリリース!失敗・不具合が多発?

iOS10はアップデートして大丈夫

予定通り過去最大のリリースとなる『iOS10』のソフトウェア・アップデートが開始しました!

同時に「iTunes 12.5.1」の提供もスタートしましたね。

Twitterなどで見るとアップデートの失敗や不具合なんかも多く報告されていますが、早速iPad Proでアップデートしてみました!

スポンサーリンク

iOS10にアップデートする方法

普段のiOSアップデートと方法は変わりません。

しかし、過去最大のアップデートということもあり、提供開始してからすぐにアップデートする人はiPhone/iPadのバックアップは取ってから行いましょう。

個人的には端末で行うよりも「iTunes」経由でアップデートすることをおすすめします。

また、iOS10になることでスマホアプリによっては動かなくなるものが出てくるかと思います。

何かしら動かなくと困るアプリがある場合は対応されるまで待ったほうがいいです。

私はタブレットということもあり、スマホと違ってデータが消えても問題無いのでバックアップもしないでインストールしました。

「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」を開きます。

iOSのアップデート

iOS10が表示されているので、「ダウンロードとインストール」をタップします。

利用規約が表示されるので「同意する」をタップします。

ダウンロード後はインストールするまでのカウントダウンが始まります。カウントダウンを待てない人は「今すぐインストールする」をタップしましょう。

後はインストールされてiPhone/iPadが起動するのを待つだけです。

成功か失敗か・・インストール中はドキドキです。

アップデートが失敗する場合はこちらを参考にしてみてください
iOSのアップデートでフリーズや失敗する場合

アップデートは当分しない人はこちら
iOSのアップデート通知を表示させない方法

スポンサーリンク

リリース後すぐに不具合が発表されたiOS10

Wi-Fi経由でアップデートをするとiTunesに繋ぐように表示され、PCをと繋ぐと復元が必要だと言われるようです。

この不具合はすぐに修正されたようですが、不安な方はiTunes経由でアップデートしましょう。その際、必ず「iTunes 12.5.1」にiTunesをアップデートすることを忘れないように気をつけてください。

不具合として、提供開始から数時間で以下のような報告が上がっています。

・LTEに繋がらない
・文鎮化
・強制リカバリーモードになる

リリース後3時間程で修正したとのことですが、怖いものは怖いので、1週間程は様子見するのが良いでしょう。また、Appleは「iTunes 12.5.1」でのアップデートを推奨しています。

アップデートに成功!

アップデート完了

アップデート完了後、世界各国の言葉で「こんにちは」と表示されます。

ちょっとの間この画面が切り替わらなかったのでヒヤリとしましたが、少し待てばアップデートが完了しましたの文字が表示されました。

画面切り替わらないという人はホームボタンを押すと変わると思います。

Touch IDの設定が始まり、「指でタッチ」と出ますがスマホの画面ではなくホームボタンのタッチです。

何度か指をタッチしては離すを繰り返すと次に進みます。

次にパスコードの設定、Apple IDのパスワード入力。

更にApple IDに新しいセキュリティ層が追加されたとのことで、「ファクタ認証」が始まります。

画面下に「ファクタ認証を使用しない」があるので設定したくない人はタップして進みましょう。

次はiClpud Driveの設定ですが、これも下に表示される「iCloud Driveをオフにする」で飛ばせます。

使う人は設定しておきましょう。

これらの設定は後から変えることができます。

私は指紋認証とか後が怖いので即解除しました。

ということで、Wi-Fi経由でアップデートしましたが、私の方では何一つ不具合は起こりませんでした。

コントロールセンターやロック解除の方法が変わっている為、最初は使いにくいです。

変わった部分

しかし、ようやく今まで削除できなかったアプリが消せるのはスッキリします!

案の定いくつかのスマホゲームがまだ未対応だったため、イベントがクリアできないという悲しい結果はありましたが、アップデートの失敗や不具合、文鎮化がなくてホッとしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする