iOS10でiPhone/iPadのロック解除を以前と同じ「指を当てて開く」にする方法

iPhoneのロック解除方法

iOS10にアップデート後はロック解除の方法が変わっています。

Touch IDを設定している場合、指紋を読ませてから「ホームボタンを押す」必要があり、手間が増えています。

iOS10以前のように、Touch IDを使ってホームボタンに指を当てる方法でロック解除をしていた人にとっては少々面倒です。

ホームボタンが物理ボタンである以上、押せば押すほど壊れる可能性があります。その為、できればホームボタンは押さずに触れるだけでロック解除する方がいいでしょう。

iPhone/iPadでロック画面の解除方法を、元々のように解除する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

ロック画面の解除はスライド操作ではできない

多くの人が使っていたであろう、スライド操作によるロック解除ですが、「iOS10」からはできなくなりました。

デフォルトで「ホームボタンを押す」に変更されています。

アップデート後にロック解除できない!と焦った人もいるのではないでしょうか。

これはAppleがセキュリティを考えてTouch IDを使ってください。と言っているのだと思われます。

以前のようにロック画面でスライド操作をするとデザインが新しくなった「Spotlight」が表示されます。

スライド操作がよかったのに・・という人は残念ですが諦めるしかないようです。

また、Touch IDで指紋認証なんて信じられないから使えないという方は、ロック解除するにはその都度ホームボタンを押す必要があります。

指紋認証にしてもいいという方は是非登録しておきましょう。ホームボタンに指を当てるだけの方が楽だと思います。

ホームボタンに指を当ててロック解除するには

iOS10へアップデートした場合、デフォルトで「ホームボタンを押す」がロック解除に必要となっています。

以前のように「Touch IDを使ってホームボタンに指を当てる」に戻すには設定を変えます。

Touch ID(指紋認証)を今まで使ったことの無い方は「設定」→「Touch IDとパスコード」で「iPhoneのロックを解除」をONにする必要があります。

また、指紋を登録する必要があるので、その下の「指紋を追加」で登録しましょう。

指紋の登録方法

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進みます。

ロック解除の方法

下へスクロールして「ホームボタン」をタップします。

ホームボタン

「指を当てて開く」の項目があるので、ONにしましょう。

ロック解除のやり方を変えるには

これでホームボタンに指を当てるだけでロック解除ができるようになります。

スポンサーリンク

手前に傾けてスリープ解除

iOS10で新しく登場した「傾けてスリープ解除」

これが出来れば楽ですが、出来る機種に制限がります。

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE

私のiPadではできず・・残念

この機能は「設定」→「画面表示と明るさ」の「手前に傾けてスリープ解除」をONにすることで使えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする