iPhoneのストレージ容量不足を解消して空きを増やす方法

iPhoneやiPadでアプリをダウンロードしようとしたり、写真や動画を取ろうと思ったら「十分な空き領域がありません」なんて言われることがあります。

PCと違ってスマホの容量はまだそこまで多くありませんからね。

調子にのってアプリを沢山ダウンロードしたり写真や動画を撮りまくっていると割とすぐストレージに空きがなくなってしまいます。

いざ削除してみても容量が増えないんだけど?なんてこともあります。

家で容量不足になればまだいいんですけど、外出先でなるとバックアップも取りにくいし消したくないものを消すことに・・なんてことにはなりたくないですよね。

この記事では、iPhoneのストレージ容量不足の解消や日々行った方がいい容量の節約方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

定期的に空き容量を気にする

日頃から容量を確認しておくことで急いで何かを削除しなきゃ!なんてことを防ぎます。

容量の増やし方も知ってしまえば簡単にできます。

また、アプリをダウンロードした時なんかにも確認しておくと何がどのくらい容量を使っているのか把握できるので、何となくもうそろそろ容量が足りなくなるかも、と気づくことができます。

まずは、iPhoneのストレージ使用容量の確認方法を紹介します。

「設定」⇒「一般」⇒「ストレージとiCloudの使用状況」をタップします。

使用状況

「ストレージ」から「ストレージを管理」をタップします。

ストレージを管理

ここで表示されている「使用済み」が現在使われているストレージ容量になります。

「使用可能」は残りの使える容量ですね。

下にずらーっと表示されたアプリが現在iPhoneに入っているものです。

横の数字がアプリが使っている容量になります。

使用サイズ

スポンサーリンク

使わないアプリの削除

使ってないアプリがあるならタップして消してしまいしょう。

「Appを削除」をタップします。

使わないアプリ

ポップアップで削除をするか確認がでるので「Appを削除」をタップして削除完了です。

削除

たまにスマホの容量を確認して今後は使うことは無いであろうアプリは削除しちゃいましょう。

特にソーシャルゲーム系は一度離れるとまた遊ぶことも少ないと思います。

写真や動画はクラウドやPCへ移す

最近のスマホは写真も動画も綺麗に撮れるのでついつい沢山撮ってしまいます。

溜まったデータはiCloudやGoogleフォト、GoogleドライブやPCへ移してiPhoneからは削除しましょう。

とはいえスマホで見たいものもあるのでそういったデータは残しておきます。

クラウドは一度設定してしまえば驚くほど簡単にデータを移動できるので便利ですが、良く分からないという人はUSBでPCと繋いで移してもOKです。

また、iPhoneは削除すると「写真」⇒「アルバム」に「最近削除した項目」として完全に削除されるまで30日間残ります。

これも選択して「すべて削除」しましょう。

更に「マイフォトストリーム」もチェックしよう。

有効にしていると最新の写真を最大30日間~1000枚まで保存しています。

人によってはこれだけで1GB近く使っている場合があります。

「設定」⇒「写真とカメラ」から「マイフォトストリーム」がONになっていればOFFに切り替えます。

OFFに切り替えるとマイフォトストリームに保存している写真を全て削除するか聞かれるので「削除」をタップしましょう。

マイフォトストリーム

音楽Podcastなんかも同じですね。iTunesに移してしまえばスマホから全て消えても問題ありませんし、購入したものはいつでもダウンロード可能です。

Safariのキャッシュを削除

そこまで大きな容量ではないと思いますが、消せるだけ消してしまいます。

「設定」⇒「Safari」⇒「履歴とwebサイトデータを消去」をタップして削除します。

キャッシュ

長く使ってるほど溜まっているので、多少は容量不足改善に繋がると思います。

iTunesから「その他」の削除

「その他」のデータ容量はiPhoneをPCと繋いでiTunesと同期させることで確認できます。

その他

この「その他」にはiOSで使われる一時ファイルやアプリが作成したデータが含まれています。

何が入っているのかというのは知ることができませんが、人によってはかなり溜まっている場合があります。

その他を削除する方法として、PCとiPhoneを繋げたまま、iPhoneを再起動させます。

再起動後に「その他」が減っていればOKです。

思ったより減っていなければ次の方法を試しましょう。

iPhoneのバックアップと復元

復元をする前にしっかりバックアップを取ります。

バックアップをする時は必ず「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

これを入れないとLINEトークなどのデータが消えてしまいます。

「このコンピュータ」「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてから「今すぐバックアップ」をクリックします。

iPhoneのバックアップ

バックアップが終わったら、iPhoneを初期化させます。

ゲームなどの引き継ぎをしっかり確認してから行いましょう。

「設定」⇒「一般」⇒「リセット」をタップします。

リセット

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

初期化

iTunesを立ち上げると「新しいiPhoneへようこそ」と表示されて「新しいiPhoneとして設定」とバックアップが取れていれば「このバックアップから復元」が表示されます。

バックアップから復元を選択して「続ける」をクリックします。

しばらく待つと復元が終わるので、ストレージ容量を確認してみましょう。

これで「その他」もある程度(全ては消えません)消えているはずです。

あくまで最終手段なので、最悪データが吹っ飛ぶなんてこともあり得ます。バックアップは「iCloud」でも取っておくと安心です。

とにかく必要ないものはスマホから移動させて、こまめにチェックすることでストレージ容量不足の解消に繋がります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まさおみ より:

    これ助かりました。

    買ってから今まで消したことなかったのでストレージ10GBくらいになってました。

    • あびこ より:

      10GBとは結構溜まってましたねw
      たまーにチェックしてみることをおすすめしますよ!