『魔女の泉2』レビュー!かわいいだけじゃない、重く感動的なストーリーのRPG

魔女の泉2

韓国の方が開発した個人製作のRPG有料スマホゲーム『魔女の泉2』

1は遊ばなくても全く問題無しです。

かわいい絵に釣られて購入したアプリですが、感動的なストーリーで楽しめました!

この記事では、「魔女の泉2」をレビューしていきます。

スポンサーリンク

「月光魔女のルナ」が独り立ちする物語

かつては神族と呼ばれ人間に崇められる存在だったのだが、魔法を使える神族を妬んだ人間による戦争が始まってしまう。

神族は人間に抵抗せず、人間は力の源である「泉」を奪い、残った神族を魔女と呼び捕まえようと躍起になっていた。

人間による魔女狩りを恐れながら暮らしている混血神族の「ルナ」が冒険を通じて成長していく物語。

かつては治療したこともある人間にも追われ続ける・・・

「ただの夢だから・・・もう少しで終わる悪夢だから・・・ね・・・・・?」

重い雰囲気

なぜ神族達は負けるはずのない人間達にやられてしまったのか・・きっと生きてるはず・・そんな謎を追いながら友人との再会、新たな出会いによって成長していくことになる。

柔らかい雰囲気、可愛いキャラが登場しますが、意外と重い背景があります。

ルナ以外の登場人物も可愛くて魅力的です。

キャラクター

フィールド探索型RPG

広大なフィールド

最初から行動できる範囲が広く、敵はフィールド場で見えているので余計な戦闘はしないでテンポよく進めていくことができる。

敵の周りに赤い範囲が表示されていて、そこに入ると敵のステータスが確認できるので、見てから勝てなそうだからやめておこう。といったように回避できる。

ただし、範囲内に入ると強制的に戦いになる強敵がいるのでヤバそうな敵には近づく前にセーブするようにしよう。

フィールドは広いが、強敵を倒す必要があったり、ストーリーを進めないと行けるようにならない場所もあります。

モンスター

ある程度話を進めるとほぼ全てのフィールドを自由に探索できるようになる。

ダンジョンもあるけど謎解きのようなギミックはほぼ皆無で簡単すぎるものしかない。

スポンサーリンク

戦闘は簡単なコマンド式

戦闘は単純です。

物理攻撃、魔法攻撃、アイテム、逃げるから好きなのを選ぶだけ。

戦闘

ただ、魔法は3種類のスロットがあり、魔法威力を20%アップさせる「主力スロット」、魔法威力を10%アップさせ、消費マナを10%減少させる「一般スロット」、消費マナを20%減少させる「補助スロット」がある。

1つのスロットにメインとなる魔法をセットし、さらに魔法陣を組み合わせて威力上昇や消費マナ減少といった効果を上げることができる。

私は脳筋なので魔法は全くと言っていいほど使いませんでした。回復もペットに任せたし、ステータスを上げすぎて無双してしまった・・

とまあ、同じようにシステムを理解するのが苦手な人も脳筋プレイができるのはいいことでしょう!

物理、魔法どちらもメインにすることができるので、自分の好きなようにカスタマイズしましょう。

時間経過で変化するフィールド

同じフィールドでも昼と夜があり、出現する敵も変化します。

ストーリー上でも時間によって発生しないイベントがあるので迷ったら時間を変えたりするといいです。

また、「月が最も明るい夜」になるとルナの魔法攻撃力が30%アップする。

強敵に挑む場合はここらへんも意識するといいでしょう。

序盤からステータスMAXにできる

レベルを上げるゲームではなく、ルナのステータスを修行で上昇させていきます。

修行の種類は複数あり、プッシュアップで力を上昇など、他にも魔力、防御力などのステータスを上げることができます。

修行に励むルナもかわいい

水泳
水泳で体力を上昇させる図。

最初のスタート地点から修行が可能なため、無双プレイもできてしまう。

敵と戦ってもステータスが上昇する場合もあるが、基本的には特訓でルナを強化させていくことになる。そのため、フィールド上の敵と戦う必要があまりない。

サブイベントで戦うことになる敵は強力だが、メインストーリーが簡単になりすぎるのがちょっと残念だ。

また、修練以外にもサブストーリー的な感じで特殊な強化ができる。連続攻撃や魔法の威力アップなどがあるので、やはり探索はしっかりした方がいいだろう。

テレビ見ながら修練してたらストーリー中盤ですでにMAX近くまで成長してしまった・・

アイテム収集と調合

隠れ家では「アイテム/魔法の調合」ができます。

調合中のルナもかなり可愛いです。あざとい・・さすが魔女

かわいらしい

魔法は調合する前に魔法図鑑を入手し、読んでから新しい魔法の調合が可能になります。

強力な魔法やアイテムを調合するには素材が必要です。この素材を集めるためにフィールドに落ちているアイテムを収集したり、各地にいる強力な敵を何度も倒す必要があります。

ちなみに、ストーリーをクリアするだけならしなくても問題はない

調合といえばアトリエを想像しますが全くの別物です。調合は大して重要な要素ではありません。

冒険をサポートしてくれる可愛いペット達

ペット

道中で出会う敵の中にはペットにできるモンスターもいます。

ペットにすると戦闘中に様々な効果を得られます。HP回復、防御力UP、攻撃参加などなど。

中には背中にのると移動速度が上がったり、水中移動速度が上がるペットもいるため、広いフィールドの探索にも重要となる。

ペットの中には普通に倒すのではなく、特定のアイテムを所持していないとペットにできなかったり、倒さなければペットにできないのに30以上のダメージを無効化する敵などがいます。

ステータスを上げすぎて無理なんじゃ・・・と思いましたが、ちゃんと抜け穴があるものです。

ペットも普通にプレイしてると見つけにくいのでちょっとしたやり込み要素の一つです。頑張って全種類コンプリートしましょう!

私は最終的に能力面よりお気に入りの子をずっと連れ回してニヤニヤしてました!

目指せベストエンディング

サブクエスト

「魔女の泉2」はマルチエンディングとなっています。

人を助けるとステータスにある「評判」が上昇していきます。この数値がエンディングに関わってきます。

普通に攻略しているだけではベストエンディングを見ることはできません。

それほどボリュームがあるゲームではないので、寄り道しながらというか、全MAP制覇してメインストーリー以外も見ることをおすすめします!

楽しく遊べている人は絶対に見た方がいいです。

ベストエンディングだけを見た方がいいわけではなく、サブストーリー的にもすごくいいお話ありですよ!

魔女の泉2のレビュー

スマホのFFアプリがセール中だったのでどれにしようかなーと物色中に目に入った「魔女の泉2」

普段買い切りアプリは滅多に買わないのですが、あまりにもルナが調合で「ふううー」としてるのが可愛すぎた・・

思わず購入してしまったわけですが、5日ほどかけてクリアした感想としてはかなり楽しめました。

マルチエンディングということで最初からベストエンディングを目指して突き進み、感動的なサブストーリー、ルナのツンデレや成長していく姿は一見の価値ありです。

要所要所で挿入される一枚絵も綺麗です。

ベストエンディングではうぉー!っとかなり盛り上がります。あんまり言うとネタバレにしかならないので控えますが、プレイしてみてストーリーが面白いと感じた人は是非ベストエンディングを目指してください。

修練でステータスを上げれば敵も簡単に倒せるので難しいことはありません。

また、エンディング後にも楽しみが用意されています。

ゲームでよくある難解なシステムはなく、覚えるべきシステムがほぼありません。RPGでは良く分からないシステムを理解しないと中々クリアできないことが多いですが、「魔女の泉2」はそういったストレスがないのでライトユーザでも十分楽しめると思います。

単純なシステムだからこそ、ストーリーが際立っていると感じます。単調なバトルですが、ほとんど戦わなくても進めるのでバトルで飽きることはない。

ゲーム部分としても、評判値を上昇させるための探索や強力なモンスターを倒すやり込み要素も十分値段相応になっている。むしろ値段以上に楽しむことができると思います。

全体的にボリュームは多くないのでサクッと遊べるRPGとしても、ストーリー重視のRPGを楽しみたい人におすすめです。

逆に探索が嫌い、サブストーリーをやりたくない人にはおすすめしません。

ただ、最初からステータスの強化がMAXまでできてしまい、道中で手に入るステータス上昇のアイテムなどは使い道がない、若干気にならない程度ですが、日本語が間違っている部分などの気になる部分はありますが、非常に良くできたゲームとなっています。

「魔女の泉1」も気になりますが、2でも登場するパイベリーが主役であり、同じ時間軸の同じストーリーのパイベリー視点ということでやる必要はないかな・・?気になるけど・・

私としてはFFじゃなくてこのゲームを買ったことに対して大満足です!

魔女の泉2の5段階評価

5段階評価
グラフィック★★★★
キャラクター★★★★★
お手軽度★★★★
熱中度★★★★
爽快感★★★
やりこみ度★★★★
課金の必要性有料アプリ
リセマラ重要度無し

アプリ基本情報

タイトル魔女の泉2
開発元SUYOUNG JANG
対応OSiOS/Android
ジャンルRPG
価格¥480 ※買い切り
ダウンロードiPhone
Android
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする