東村アキコが漫画家になるまでの「かくかくしかじか」を綴った実話

かくかくしかじか

今回紹介するおすすめの漫画は『かくかくしかじか』作者:東村アキコ

「マンガ大賞2015」を受賞するなど、「海月姫」「東京タラレバ娘」も人気な東村アキコの自伝エッセイ漫画です。

スポンサーリンク

あらすじ

現役の漫画家である「東村アキコ」が自身の生い立ちと漫画家としての礎となった日高先生との思い出や経験を通して語られる実話の物語です。

漫画家になるまでのかくかくしかじか

アキコは勉強は苦手だけれど絵を描くことは大好きで、将来は漫画を描いてお金をたくさん稼いで有名になって有名人と結婚できるかもといった単純な理由で漫画家を目指します。

田舎の高校でみんなに絵を褒められていい気になっていたアキコは、クラスメイトの紹介で美術大学受験の為、町で唯一の絵画教室で超スパルタ講師の日高先生と出会います。

スポンサーリンク

そこで待ち受けていた現実・・!

そこで厳しい現実を思い知らされます。そんな甘い考えではどこの大学にも受からない、やるからには真剣にやらなければいけない、とスパルタ講師の指導が始まります。

ゆる~く生きてきたアキコはスパルタ指導に涙しながらも根性を叩き直され、真剣に美大受験に臨むことになります。

作中では竹刀で小突かれたりキャンバスに顔面をぶつけられたりしていますが、日高先生のことは実際よりも控えめに書いているそうです。今の時代では考えられないスパルタですね。

おかげで、鍛え上げられたデッサン力と謎のダウジングで学科試験も何とか突破し美大に合格するも、大学ではバイトと恋愛ばかり。

大学で勉強しないで遊びほうけてた人は多いですよね。私も同じなので何だか胸が痛い・・

そんな彼女の元を日高先生が訪ねて来るものの、絵を描くなった後ろめたさや先生の熱さが鬱陶しくなりあまり話すこともなく先生は帰っていきます。

大人になってからアキコは「あのときこうすればよかったのに・・」と後悔することになります。

美大を卒業するも・・

大学を卒業後、日高先生のコネにより美術教師になる予定で実家に戻ります。

しかし、自分より強いコネを持った人が採用になったとあっさり言い放つ先生。

完全にあてにしてたアキコと両親は呆然。

親のコネでなんとかコールセンターで働く事になるアキコは日々のストレスがたまりにたまって追い込まれます。

そこでようやく、会社を辞めるため、彼氏に会いたい思いから漫画を描き始めます。

人は追い詰められると思わぬ力を発揮するものです。

ギリギリになってようやく辛い道から逃れようとしたりすることってありますよね。

遠回りをするも何とか漫画家になることが出来たアキコの高校時代から漫画家時代と、目まぐるしく生活環境が変わっていく中で、いつもアキコを見守り時に優しく時に厳しく手を貸してくれたのはスパルタ講師、日高健三だった・・・

お馬鹿なアキコと加減を知らないスパルタ講師とのやりとりで笑える話も多くありますが、作品の終盤は東村アキコとアシスタント達は泣きながら描いたとか・・

かくかくしかじかの感想

美術的な絵を描くことと漫画としての絵を描くことの違いだったり、漫画家ってこういう生活してるんだと垣間見ることができて引き込まれる作品です。

絵画教室の恩師とのエピソードでは最初は笑いとばしていましたが、感謝しているのにそれを素直に伝えられなかったり、時に邪険に接してしまったりと過去の失敗を振り返る場面もあり、美談だけでは感じることができない胸の痛みも覚えます。

後半ではその恩師に大変なことが起こり、アキコが自分の夢と恩師への恩返しとの間で葛藤を抱えることになりますが、いつかそういうことが自分にも起こり得るかも、という気持ちにさせられます。

こんな人におすすめ

実話を元にした作品なので、美大なんて知らない人でもエッセイとして楽しめる作品です。

特に東村ファンは彼女のルーツを知れる作品となっているのでおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする