【モバスト】『モバイルストライク』で気軽に戦争しようぜ!【スマホゲームレビュー】

モバスト

世界最大級のリアルタイム戦略MMORPG『モバイルストライク』

シュワルツェネッガーや仲里依紗がCMで起用されたことでも有名なスマホゲームです。

この記事では、『モバスト』について感想を交えながら紹介、レビューしていきます。

スポンサーリンク

モバイルストライクとはどんなゲームなのか

ジャンルは「ストラテジー&シュミレーション」となっており、有名なのだと「ゲームオブウォー」とか、「リトルノア」のようなゲームです。

この作品は特にミリタリー色が強くなっているのが特徴で、とにかくストラテジーゲームに必要な要素をぶっ込んだといった感じです。

モバイルストライクは面白い?

本拠地に施設を建築して資源を溜めて兵士を育てて敵と戦争する!

敵の領地を襲って資源を得たり、内政を整えたりと自由度が非常に高いゲームとなっています。

何にせよ序盤にやることは自分の領地で施設の建築とアップグレードですけどね。

兵器や戦車をカスタマイズしたり、多種多様な兵士やトラップ等々、こんなにやり込めないって!となる程にやりこみ要素が豊富です。

ゲームの目的・進み方としては基地を大きくして部隊を育てて戦争しようぜ!ってことです。

戦争を楽しむか基地を強化するか

施設の建築やアップグレードなど、あらゆる行動で時間が消費されます。

更にレベルが上がるほど施設完成までの時間は大きくなる。コツコツ育てて行くのもいいし、課金してスピードアップさせるでもいい。

しかし、このゲームはやりこみ要素が非常に多いが、自分が攻めか守りか決めておいた方がいい。

というのもスキルツリーでスキルポイントを割り振っていくのだが、あちらを立てればこちらが立たずなんてことになってしまう。

スキルポイント

ポイントの割り振りは慎重に行おう。

スポンサーリンク

序盤は生産施設を作っていこう

戦争ゲームだから戦争を楽しみたいのも分かる。しかし、兵士を増やせばそれだけ物資も必要になる。

序盤はちょっと面白く感じないかもしれないが、ある程度施設や兵士を作って戦争ができるようになるまで我慢しよう。まずは自分の拠点を強くしていくことが大切です。

部隊の強化方法

物資と部隊のバランスを考えて作っていくのが攻略のコツでもある。

戦争しようぜ!

部隊が整ってきたらいざ戦争!近くの弱そうな人の所へいきなり戦争を仕掛けたり、他のプレイヤーと協力して仕掛けてもOK!

戦争を仕掛けたいプレイヤーの領地をタップして投入する部隊を決めるだけで戦争ができるお手軽さです。

相手の強さはスカウト兵を送り込むと分かるので、戦争前にはまずスカウト兵を向かわせましょう。

戦争

また、戦争時にはド派手な演出はなく、淡々と地味なのもどうかな?と思いますが、空いた時間にちょこちょこ触って強くなっていく様を楽しめる人には面白いスマホゲームです。

戦争ゲーム

まあ、負けたんですけどね・・

戦争ができるスマホゲーム

見事勝つことが出来れば相手の資源を奪うことができます。

全世界のプレイヤーと楽しめる

割りと耳にしたことのあるフレーズです。殆どのゲームが楽しめないんですけどね。

何故なら言葉が違うからです。

しかし、モバストではチャットが自動翻訳されるため、全て日本語に変換されます。多少おかしな文言はあるものの、それなりに理解できる。

国同士の問題で変なチャットをしている人も多いが、それなりにコミュニケーションは取れる。

様々な国の人と日本語でコミュニケーションが取れるというのは非常に新鮮です。

モバイルストライクのレビュー

モバスト面白くない

モバストには「同盟」があり、他のプレイヤーと協力して戦争したり、施設の建築を助けてくれるシステムがあります。

同盟を組んで世界各国の人々と協力して戦争を楽しんだり、相手から攻め込まれなくなる「平和の盾」と呼ばれるアイテムを使って内政を楽しむ事も可能です。

操作も難しい事はないし、チュートリアルで何をやればいいのかというのもしっかり教えてくれます。

用語が難しいと感じるかもしれませんが、ゲーム内の「その他」で遊び方は調べる事ができます。一見ゴチャゴチャした画面だけど問題なく遊べました。

同盟さえ組めば頻繁に攻めこまれる事も少ないので、箱庭育成ゲームとしてコツコツ自分のペースで楽しむ事ができます。

近代的な戦争をゲームで楽しみたい、戦車や銃器、部隊など、ミリタリー好きな人におすすめです。

アプリ基本情報

タイトルモバイルストライク
開発元Epic War LLC
対応OSiOS/Android
ジャンルストラテジー
価格無料 ※アイテム課金あり
ダウンロードiPhone
Android
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする