Pokemon GOとはどんなゲームなのか、面白いの?【ポケモン】

pokemonGO

7月7日にアメリカで配信開始しましたね。

早くも社会現象になるほど人気が出ています。米国のデブが痩せるとか、歩行代行サービスが始まるとか何だか凄いようです。

そんなPokemon GO(ポケモンGO)とは一体どんなゲームなのか、面白いのかをちょろっと調べてみました!

スポンサーリンク

Pokémon GOとは

Ingressを遊んだことがある人は馴染み深いと思いますが、所謂「位置ゲー」です。

基本無料ですが、有料の「ポケコイン」を購入して、モンスターボールなどのゲーム攻略を有利に進められる道具を買う事ができる。

位置情報を使って現実世界を舞台としてポケモンを捕まえたり、トレード(交換)、バトルすることが出来る。

「現実世界を歩いて自分でポケモンを探す」今までに発売されたポケモンが現実世界とリンクするようなものですね。

スマホのネット回線を繋いでない私は遊べない可能性が・・

コンビニ周辺でしかポケモンゲットできないかも知れませんねぇ。

スポンサーリンク

スマホ越しにポケモンが見える

マップ

当然現実にはいないので見る事はできないが、スマホやタブレットを通じてその場にポケモンがいる事がわかる。

スワイプしてモンスターボールを投げると捕まえる事ができる。中にはスマホ自体を投げたという人もいるので気を付けよう。

水ポケモンは水場にいるといった様に属性によって見つける可能性が変わるようです。また、入れない場所に出現した場合は入らないようにしましょう。後々そのポケモンを捕まえるチャンスは来ます。

ポケストップで道具を手に入れる

ポケストップ

マップ上に現れる「ポケストップ」に立ち寄り、スマホ越しにスワイプするとモンスターボルや様々な道具が手に入る。

モンスターボールやポケモンのタマゴ、経験値が貰えるようです。

主に有名な場所に配置されているようです。また、1度アイテムを回収しても5分後くらいに再出現するとか。

Pokémon GOの遊び方

ポケモンを探して捕まえる

マップ

ポケモンといえば図鑑をコンプリートするのも目標の一つですね。図鑑を埋めて完成させることが主な遊び方となっています。

アプリで表示されるマップは現実世界とリンクしています。端末を持って移動することでアプリ内でも場所を移動します。

ポケストップでポケモンボールを手に入れてマップに表示されるポケモンを捕まえるのが主な目的となっています。

チームに所属してジムバトル

ポケモンバトル

PokemonGOでは3つのチームがあり、プレイヤーたちは赤・青・黄の三つ巴でジムを取り合う。

マップ上に表示されるジムを取り合うことができます。また、仲間のジムを守るといった攻城戦的な要素となっているようです。

1つのジムに1人1匹しか配置できないので他プレイヤーとの協力が必要になる。

プレイヤーのレベル上げ

レベル上げ

レベルを上げるにはポケモンを捕まえたり、進化や孵化などをさせることで経験値(XP)が貰えます。

レベルを上げると報酬としてハイパーボールなど、攻略が楽になるアイテムが解禁されていきます。また、マスターボールもちょこちょこ手に入るなど、高CPのポケモンを手に入れる為にも大切です。

結局どんなゲームなの?

結局はシンプルなんですよね。

ポケモンを捕まえて図鑑を埋めてジムを取り合う。ただその手間がかかるだけですね。

家で遊んでばかりの人が外に出るようになるだろうし、会社帰りや学校帰りのついでに遊ぶことができるので運動量が増える事は間違いなさそうですね。

日本ではどうなるか

海外と違って日本は人の目を気にすることもあってどうなるかも気になる所です。

ただ、日本は治安もいいので夜も比較的安心して出歩けるのはいいですけど。朝と夜では出現するポケモンに違いもありそうです。

建物の中にもポケモンがいるみたいだし不法侵入とか・・

海外でも言われてる様にデブが外に出て歩くようになった。ここだけ見ると運動にも良さそうですが、スマホ歩きする人が続出して問題になりそうですが、今後ポケモンGO専用のデバイスを発売するようですから、画面を見ながら歩く必要はある程度少なくなるでしょう。

振動

Ingressと違い、ネームバリューが凄いから問題も多くなりそうですね。今まで位置情報を使ったゲームの多くは良く分からないイメージが強かったですが、ポケモンになったことで多くの人がイメージしやすくなると思います。

ポケモンGOが日本でも流行れば今後も外に出て遊ぶ系のゲームが増えて外で遊ぶ子供も増えそうですね。

Ingressと同じようになれば下手すると家バレする可能性もあるので気を付けなければ行けない部分は多そうです。Twitterでスクリーンショットをアップすればその画像から場所を特定する人もいるかも・・

Ingressがあれだけ流行った事を考えれば当然ポケモンGOも同じく流行るでしょうし、海外の反応を見ると面白いと感じる人は多いようです。

VRといい、ポケモンGOといい、どんどんゲームと現実世界が近くなっていくのはワクワクするものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする