ポケモンGOは電池消費が激しい?おすすめのモバイルバッテリーを紹介

ポケモンGO

『ポケモンGO』はカメラを使って常にアプリを起動しているので、スマホの電池消費が激しい

充電しながら遊べる他のスマホゲームと違い、外に出る必要のあるポケモンGOでは攻略にモバイルバッテリーが必須といえるでしょう。

何も考えずに遊んでいると2~3時間程度しかプレイできないとも言われています。

この記事では、iPhone・AndroidでポケモンGOを少しでも長く遊ぶために、消費電力を少なくする方法やおすすめのモバイルバッテリーなどを紹介しています。

スポンサーリンク

ポケモンGOにはバッテリーセーバーがある

バッテリーセーバー機能をONにして少しでも節約する必要があります。

バッテリーセーバーはポケモンGOをプレイしていて、スマホを逆さにするとセーブモードとなります。

ポケモンGOの画面である程度ポケモンやポケストップ等の位置を把握したら、セーブモードにして目的地まで歩いて行くといいでしょう。

ポケモンGOのAR機能をOFFにする

ポケモンGOではカメラを使用して、実際の背景にポケモンを合成して表示しています。

このAR機能はOFFにしても背景が仮想世界になるだけで、ポケモンは表示されます。

スマホの機能をOFFにする

少しでも長く遊べるようにスマホの標準機能もOFFにしましょう。

スポンサーリンク

スマホの低電力モードを使う

iPhone・Androidに標準装備されている「低電力モード」を使いましょう。

Wi-Fi機能はOFFにする

Wi-FiをONにしていると、常にWi-Fi接続ポイントを探している状態です。

常に電波を飛ばして電池を消費しているので、Wi-Fiを使用しない時はOFFに設定しましょう。

モバイル通信データで必要ないものはOFFにする

モバイル通信データの設定からアプリ毎に通信のON/OFFが可能です。

Bluetooth機能をOFFにする

Bluetooth機能もWi-Fiと同じです。

イヤホンやマイクで使用している人も多いですが、ポケモンGOを遊ぶときはなるべくOFFにした方がいいでしょう。

必要ないアプリは終了させる

バックグラウンドで動き続けるアプリは必要なければ終了させましょう。

スリープ状態でも動いているので意外とバッテリーを消費します。

ディスプレイの明るさを低くする

スマホの設定から画面の明るさを落としましょう。

おすすめのモバイルバッテリー

モバイルバッテリーを購入する際には容量に注意しましょう。

容量はスマホを充電できる回数のことで、iPhone6Sなら大体3000mAhで1回分の充電が可能です。

2~3時間で充電が切れると考えるなら、10000mAhのモバイルバッテリーなら6~9時間遊び続ける事ができる。

cheero Power Plus 3 stick 3350mAh


cheero Power Plus 3 stick 3350mAh

超軽量のモバイルバッテリーで、軽くてポケットにもすんなり入る上に安上がり。

ポケモンGOをガッツリではなく、ちょっと遊んでみたいくらいの人におすすめです。

cheero Power Plus 3 mini 6700mAh


cheero Power Plus 3 mini 6700mAh

こちらも比較的コンパクトサイズ。iPhone6Sなら約2回分の充電が可能です。

ポケモンGOを半日遊ぶ程度なら持ちます。

Anker PowerCore 10000


Anker PowerCore 13000

大容量のモバイルバッテリーですが、たばこ1箱ほどの大きさで比較的コンパクトサイズです。

90%充電には1時間30分と結構早い充電速度です。ポートも2つあり、同時に端末2台の充電が可能。

持ちながら移動するには子供だと若干大きいかもしれませんが、友達と一緒にポケモンGOを遊ぶ時は活躍すること間違いなし!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする