花粉症対策に効くマスクの選び方やおすすめのグッズ

花粉対策

寒い冬が終わって春になると悩みの種となる『花粉症』

有名なスギ花粉以外にも花粉があって地域によってピークもちょっと変わってきます。

対策の為にマスクを買おうにも種類が多すぎてどれがいいんだか・・・

ということで、オススメのマスクやグッズを紹介していきます!

スポンサーリンク

花粉の種類とピーク時期

花粉もスギだけではなく、色々と原因となるものは多いです。

特に花粉症となる人が多い春の花粉を紹介します。

種類ピーク地域
スギ2~4月北海道以外の地域
ヒノキ3~5月関東から南の地域
ネズ4~5月北海道以外の地域
シラカンバ4~5月関東から北の地域
ハンノキ1~6月全国
コナラ4~5月全国
オオバヤシャブシ3~4月関東
リンゴ4~5月東北

特に重なる3~5月は要注意です。

花粉の種類を知らなくても自分の地域で発生する花粉は何月がピークなのか知っておくだけでも対策がしやすくなりますね。

春先のものだと思っている人も多い花粉ですが、発症の仕方によっては年中悩まされることになることもあります。

こんな日は花粉に注意

・風が強い日
・雨が降った翌日
・天気が良くて湿度が低い日
・最高気温が高い日

これらの日は花粉の飛散が多いと言われています。

こんな日も注意
湿度が高いと花粉の飛散量は減少します。しかし、その後に太陽が昇ってから湿度が下がると花粉の飛散量が多くなります。

都会に住んでいる場合は山から花粉が飛散してくるのは夕方がピークです。

また、夜は花粉が少ないものの、アスファルトに落ちた花粉は風に吹かれて飛散するため、風が強い日は夜も注意が必要になります。

基本的には晴れて乾燥して風が強い日が花粉注意の日です。

オススメの花粉対策マスク

種類がかなり多いマスクですが、用途によって選ぶようにしましょう。

マスクの形は大きく分けると3種類ほどになります。

スポンサーリンク

立体型マスク

縁が顔にフィットするため、密閉性が高くて息苦しさを感じやすいですが、最も花粉症対策に向いているマスクです。

ガーゼマスク

保湿性に優れていて喉が乾燥するのを防いでくれます。

基本的に隙間が多くなっているので花粉症対策としては向きません。

プリーツ型マスク

鼻部分のワイヤーとプリーツ構造によって口を動かしたり喋るなどしても崩れにくくなっています。

フィルターが大きくなっているので呼吸もしやすくなっています。

主に風邪を引いた人や普段マスクをしたい人に向いています。

花粉症対策におすすめのマスク

最も花粉症に向いているマスクは立体型マスクです。

仕事や行く場所などの用途によって自分に合ったマスクを選びましょう。

加湿ぬれマスク

サニーク 加湿ぬれマスク のどスッキリ ハーバルジンジャー 3セット入

喉の乾燥に強く、着け心地もいいマスクです。香りの種類も多くて呼吸もしやすくなっています。

接客業の人にオススメのマスクです。若干隙間が出来るため、花粉症よりもインフルエンザや風邪対策の方が向いています。

快適ガードプロ

快適ガードプロ 立体タイプ レギュラーサイズ 15枚入

顔にフィットしやすくなっています。

鼻部分にはスポンジを当ててあるため隙間が出来にくく、メガネ着用の人でも曇りにくいのが特徴です。

三次元マスク

三次元マスク ふつうサイズ ホワイト 15枚入

立体マスクの中でも形がシンプルになっているのでデザインから立体型マスクを敬遠していた方にオススメです。

耳も痛くなりにくくてフィルターの性能も高いマスクです。

おすすめの花粉対策グッズ

マスクには効果が劣りますが、無いよりはあったほうがいい。そんなグッズ達です。

花粉イオンでブロック

アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分

マスクが嫌いな人におすすめのスプレーで、イオンの反応で花粉を防ぐというものです。

効果を感じている人も多いようです。マスクと併用することで花粉症対策の効果は上がります。

花粉ガードpLusシート

アース製薬 アレルブロック 花粉ガードpLusシート 15枚入り

顔を吹くだけで花粉が付きにくくなるシートです。

顔についた花粉も拭き取ってくれるため、家に帰ってからの対策に効果的です。

まとめ

かなりの種類が存在するマスクですが、大きさも色々あるので自分の顔にフィットしたマスクを探すのは大変ですよね。

以前はフィットしていたマスクなので今回のはフィットしないということも多いのである程度は妥協するしかないかもしれません。

同じ名前のマスクでも毎年少し変わることは多いです。

マスクがフィットしなくて隙間ができて対策が不安だと感じたらスプレー等のグッズも使って補填していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする