【シャドウバース】ビショップデッキで編成におすすめのカード

逆転

『シャドウバース(シャドバ)』でクラスの一つ「ビショップ」

レジェンドカードが3つ出たのでビショップクラスをメインで遊んでます!

面白いけど中々難しいクラスだなーと感じますが、カードが揃ってきたら勝率を上げてやる!と意気込んで他クラスのカードを割る作業をこなしています。

この記事では、ビショップデッキの当たりやおすすめのカードを紹介しています。

Cランクユーザーの戯言程度にお読みください。戦術とかしらない。

スポンサーリンク

ビショップクラスの特徴

カウントダウンを持つアミュレットカードを多く持つクラスで、アミュレット破壊時には元のカードコスト以上に強力なフォロワーを出すことが出来る。

カウントダウンを如何にはやめるか、大体4~6ターン目くらいまで耐えるのが重要だと感じました。

フォロワーの体力も多めで回復効果を持つカードが多く、粘り強い戦い方ができますが序盤の引き次第では足の速い相手には何もできずに負けてしまうことも・・

強みとしては現状、アミュレットは消滅させることができないところではないでしょうか。

ビショップデッキの戦い方

序盤はカウントダウンを持つカードを仕込んで行くのが基本ですかね。

ロイヤルやエルフ相手だと仕込んでる間に終わりなんてことになりかねないのでコストの低い守護や漆黒の法典といったカードで対処していきます。

ウィッチの「ペンギンマジシャン」1体に倒された時はショックでビショップ辞めようかと思いました。ここからちょっと考え方を変えることに・・

カードの引きは運勝負だけど「聖なる願い」を3枚詰んで少しでもカードを引く回数を増やすようにすると良い感じになりました。

他のクラスのカードを全て割ってでもとにかくデッキを充実させる必要があり、ビショップはエーテルがかなり必要だと思います。無課金で選ぶクラスじゃなかったかもしれない。

カードが充実しないうちは守護カードを入れるなどしないとカウントダウンが0になる前に倒されるなんてことも多いので、思い切って詠唱系を少なくして守護カードガン詰みで行く方が上手く回ったりする。

カウントビショップでいくなら「テミスの審判」があるとカウントダウンが終わる直前に、相手のフォロワーを消せて便利なのでおすすめです。

こちらのフォロワーを消してくる相手には「シュラインナイトメイデン」が有効です。カウントダウン後は「疾風」持ちか進化させないと行動できないので、相手のターンで自身のフォロワーが全て消されないように気を付けたい。

ドラゴンクラスには終盤まで行くと力負けしやすいですが、カウントダウンを進めるカードを使って一歩早くこちらの場を揃えてしまうといいです。

ビショップデッキは如何にフォロワーが倒されずに勧めていくかが重要だと思います。

その為、カードを増やす手段と守護、相手のフォロワーを除去するカードをデッキに入れると良いカードを引くまで粘りやすい。

ビショップは体力が10前後になってからが本番な感じがする。ウィッチに勝つ方法教えてクレメンス・・

ビショップデッキにおすすめ・当たりカード

スポンサーリンク

特におすすめのカード

おすすめというか個人的に入れたいメモ帳変わりのようなものです。あと2種類くらいで揃う。枚数は足りないけど・・

ブロンズレア:詠唱:聖なる願い

コスト:1
カウントダウン:3
ラストワード:カードを2枚引く。

手札に関しては運勝負なので多くデッキからカードを引く為に必要。コストも1なので最初に手札に入ると嬉しい。

ブロンズレア:漆黒の法典

コスト:2
スペル:体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。

ロイヤル、エルフ、ウィッチで便利です。フォロワーに攻撃させて倒せなかった体力の高い相手フォロワーへのトドメにも使える。

序盤で体力を減らさない為にもデッキに入れておきたい。序盤から終盤まで結構使い勝手がいいです。

ブロンズレア:気高き教理

コスト:2
スペル:自分のアミュレット1つのカウントダウンを2進める。カードを1枚引く。

カウントダウンを進めつつカードも増やせる。「詠唱:聖なる願い」や「詠唱:死の宣告」とコンボで使うのも便利です。

特に死の宣告は相手の場に2枚しかなければ確定で倒せる。

シルバーレア:プリズムプリースト

コスト:3
2/2
ファンファーレ:カウントダウンを持つアミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

PPに余裕がある時に出し得なカード。自身も場に出るので捨て玉としても使いやすい。

シルバーレア:高位プリースト

コスト:5
3/4
ファンファーレ:自分のアミュレットすべてのカウントダウンを1進める。

コストが高めですが、ステータスがそこそこなので結構便利。

ブロンズレア:見習いシスター

コスト:3
3/2
ファンファーレ:自分のアミュレット1つのカウントダウンを1進める。

コストも軽く自分も戦える便利なシスター。

レジェンド:スカルフェイン

コスト:7
4/4
ファンファーレ:自分のアミュレットすべて破壊する。

場に出ているアミュレットがカウントダウン中なら一気に0にできる。

7ターンめまでに勝負が付いていたりカウントが終わったアミュレットが多い時にばかり出てきたりする。

タイミングさえ合えばかなり強力なカードだけど中々合わない。ビショップなら最低一枚は欲しい。

低コストのアミュレットを後半一気に出してから使うと楽しい。

ゴールドレア:テミスの審判

コスト:6
スペル:お互いのフォロワーすべてを破壊する。

アミュレットは残るので自分の場がカウントダウン中のカードばかりで、相手がフォロワーを沢山だしてる時に使うと気持ちいい。

出来れば相手のキーカードをこれで葬りたい。

シルバーレア:クレリックランサー

コスト:5
1/6
守護
相手のターン中、+4/+0する。

相手のターン中は5/6とかなり強くなる。頼れる守護カードです。

自分のターン中は攻撃力1しかないので気を付けましょう。

ゴールドレア:詠唱:神域の守護者

コスト:2
カウントダウン:5
ファンファーレ:相手のフォロワーと相手のアミュレット1枚につきカウントダウンを1進める。
ラストワード:ガーディアンフォックス1体を出す。
守護:4/5

相手の場に5枚のフォロワーが出ていると一気にカウント0になる。後半やロイヤル、エルフ相手に便利。

絶対に入れたいカード。

ブロンズレア:詠唱:清浄のキツネ

コスト:4
カウントダウン:1
ラストワード:ガーディアンフォックス1体を出す。
守護:4/5

カウント1で出せる足が速いカード。

シルバーレア:詠唱:聖獅子の牙

コスト:2
カウントダウン:4
ラストワード:バロン1体を出す。
守護:5/4
相手の能力で選択できない。

カウントは4と重いが守護を出せる有り難いカード。出現後は相手の能力で選択できないので除去も怖くない。

ゴールドレア:詠唱:天喰らう聖竜

コスト:2
カウントダウン:5
ラストワード:大翼の白竜1体を出し、相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
6/6

カウントがかなり重いのがネックですが、エルフやロイヤル相手に出すと一掃できたりする。

大翼の白竜も強いしコストも低いので序盤に仕込んだり、スカルフェインと合わせると相手はリタイアする。

レジェンド:ムーンアルミラージ

コスト:6
3/5
疾走
自分のターン終了時、このフォロワーの体力を上限まで回復。

継続戦闘が出来る優秀なカード。相手の攻撃を受けた次の自分のターンは回復してない状態で始まるので注意してください。

相手が除去系カードを持ってなければ守護カードで守りつつずっと生きていける。可愛い。

疾走持ちなので使い捨てとして使うのもあり。

「シュラインナイトメイデン」と合わせれば除去系も怖くない。

レジェンド:ジャンヌダルク

コスト:8
5/5
ファンファーレ:相手のフォロワーすべてに2ダメージ。自分の他のフォロワーすべてを+0/+2する。

体力多めのカードが多いなかで更に体力を増やすカード。

ゴールドレア:光輝ドラゴン

コスト:9
8/6
相手のターンに相手のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを-2/-0する。

単純に自身のフォロワーの体力が+2増えると思うと楽しい。自身も高い攻撃力を持つためフィニッシャーとしても便利。

シルバーレア:鉄槌の僧侶

コスト:4
3/4
進化時:体力3以下の相手のフォロワーを消滅させる。

「潜伏」能力を持つフォロワーにも効くので便利。評価がかなり高い。

進化時に指定して決めれるのでラストワード持ちの相手を選ぶといいです。消滅と破壊の違いには気を付けましょう。

このハゲ頭一人で体力3と4以下の相手フォロワー2体も倒せる優れものです。イリスのストーリーを進めれば誰でも3枚手に入る。

基本、進化はこの人用に使ってます。

それなりにおすすめのカード

手持ち次第では入れておきたい

シルバーレア:シュランナイトメイデン

コスト:5
4/4
ファンファーレ:自分のフォロワーすべては、「相手の能力で選択できない」を持つ。

除去が苦手なビショップではそこそこ使い道はあるものの、コストが高いのがネック。

ウィッチ相手では結構有効だと思う。

ブロンズレア:詠唱:聖獣の誓い

カウントダウン:2
ラストワード:ホーリーフレイムタイガー1体を出す。
4/4

序盤で引ければコストが低いので出しやすく、カウントも短いので便利。

ただし、デッキが充実してくるといらなくなる。

シルバーレア:詠唱:二対の炎

カウントダウン:2
ラストワード:ホーリーフレイムタイガー2体を出す。
4/4

一気に2体出せるのは嬉しいですが、カードが揃ってくると低コストのアミュレットが多くなってきて居場所がなくなっていく子。

コスト的には「詠唱:聖獣の誓い」を2枚使った方がいい。

メリットは召喚するまで1枚だけなのでカウントが終わるまでに他のフォロワーを1体捨て駒にすることができることだと思う。

ゴールドレア:アークショップ・レリア

コスト:6
0/6
このフォロワーが場にいる限り、自分のフォロワーが攻撃した時か攻撃されたとき、自分のフォロワーは攻撃力の値ではなく体力の値と同じダメージを与える。

体力が高いフォロワーが多いビショップではそこそこ便利です。

体力が減ると攻撃力も下がるので使い道に困ることもある。

シルバーレア:ホーリーメイジ

コスト:3
1/2
潜伏
自分の場にアミュレットが出るたび+1/+1する。

上手く育てると10以上強くなることも・・

一時期「詠唱:夢想の白兎」と組ませて遊んでたら中々面白かった。

潜伏が解ければすぐに倒される。

シルバーレア:守護の陽光

コスト:2
自分の場に体力4以上のフォロワーが出るたび、それは守護を持つ。

体力の多いビショップはほとんどを守護持ちにすることができる。

デッキが充実してくると普通に守護持ちが多くなるので、後々必要なくなるかもしれない。

ゴールドレア:愛の福音

コスト:2
自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを3回復。

コストが低くてかなり使いやすい。序盤に体力を減らしやすいビショップには有り難いカード。

シルバーレア:詠唱:死の宣告

コスト:4
カウントダウン:1
ラストワード:ランダムな相手のフォロワー2体を破壊する。

カウントを進めるカードとコンボで使えば出したターンに発動できる。

相手の場に2体しかフォロワーがいなくて、絶対倒したいフォロワーがいれば確定で破壊できる。

「破壊」なので相手のラストワードには気を付けたい。

レジェンド:サタン

コスト:10
6/6
ファンファーレ:自分のデッキをアポカリプスデッキにする。

泥試合が多くて後半までもつれやすいビショップは一枚入れておくと安心感がある。

ただし、終盤は手札に来ても場面次第では出しにくいことが多い。

事前に手札にある場合はサタンを使用する為の準備として、守護カードを場に出すとか考えた方がいい。サタンを出したターンが一番危険な状態だと思う。

アポカリプスデッキに関してはこちらを参考にしてください。
サタンについて

オススメのゲームを紹介!

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくてキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする