【ショートスリーパー】短時間睡眠を続ける方法やコツ!

短時間睡眠

一日3時間睡眠とかぶっ飛んだ生活リズムの人を『ショートスリーパー』と言います。

なんだかカッコイイですね。

友達に私ショートスリーパーなんだ!と言って回りたい

しかし今は好きな時に起きて好きなだけ寝る生活を送っています。

以前IT関係の仕事をしていた時は2年程ショートスリーパーでした。

当時はそんな呼び名は聞いたことがなかったなぁ。残念

この記事では短時間睡眠を続けるコツなんかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

短時間睡眠で何を得るのか

短時間睡眠をしたい人は「時間」が欲しくてやっていると思います。

・自分の趣味の時間が欲しいから

・仕事上仕方がなく

という理由が多いでしょう。

基本的に7~8時間の睡眠が丁度いいと言われていますが、短時間睡眠で3~4時間になることで4~5時間自由な時間ができます。

短いようで長い時間です。

特に社会人には貴重な時間ですよね。

それだけの時間があれば勉強やゲームなど、趣味に使う時間を増やすことができます。

何時間睡眠にするといいのか

・レム睡眠(浅い眠り)は記憶の固定や心のメンテナンスをしています。

・ノンレム睡眠(深い眠り)は脳と体を休ませて成長ホルモンを促して、体の成長や修復を行います。

ノンレム睡眠とレム睡眠は90分のサイクルで繰り返されています。

そのため、4.5時間、6時間、7.5時間の90分サイクルのどれかで起きることでスッキリ目覚めることができます。

一番早いサイクルは3時間ですが、寝てから最初の3時間が最も体を休ませやすい時間なので、毎日体を休ませる為に3時間のサイクルで起きるのは勿体無い。

そのため、短時間睡眠をしたい人は4.5時間がいいと言われています。

短時間睡眠を続けるコツ

短時間睡眠を意図的に続けて行きたいなら覚えておきましょう。

朝起きれないといった人も紹介する方法で起きやすくなるはずです。

スポンサーリンク

休日はしっかり寝る

短時間睡眠をし続けていると、レム睡眠が不足してしまいます。

この不足を休日に補うため、6時間~7.5時間しっかり寝ましょう。

6~7.5時間が最も体に負担がかからない睡眠時間と言われています。

休日も短時間睡眠を続けていくと、心が安定しなくなり鬱病になりやすくなるなどのリスクがあります。

ブラック企業でよく人が倒れたり、急におかしくなったりというのはこういった事が原因の一つですね。

どこかで体と心を休ませる時間を作らないと、いつか壊れてしまうかもしれません。

この不足分は1日だけで回復できると言われています。

起きる時間

休日に睡眠を普段より多く取るといいと書きました。

この時に注意したいのが起きる時間です。

普段より多く睡眠をとる日でも。起きる時間は一定にします。

一定にしないと体内時計が狂ってしまい、短時間睡眠を続けることが難しくなってしまいます。

太陽の光を浴びる

毎日一定の時間に太陽の光を浴びることで、睡眠の質が良くなりホルモンバランスが整います。

太陽の光はコレチゾールが高まりメラトニンを抑制してくれるため、体を活動的にして眠気をなくしてくれる効果があり、体内時計の調整ができます。

毎朝の食事

朝食を取らないと体の脂肪をエネルギーに変えるコレチゾールが10時頃には切れてしまいます。

エネルギーが切れて10時頃になると元気もなくなってしまうわけです。

朝食を食べることにより、エネルギーを補給して10時以降もしっかり過ごせるようになります。

仮眠を取る

お昼の休憩時間に15分以下の仮眠を取りましょう。

15分以上寝ると睡眠が深くなってしまい、起きてからもボケーっとしてしまいます。浅い眠りが深い眠りに変わる15分が目安になっています。

浅い睡眠で起きることで頭もスッキリして起きることができます。

寝る前のNG行動

就寝の3時間前は控えておきたいものがあります。

・食事
・カフェイン
・アルコール
・たばこ

これらは寝る3時間前にしましょう。

寝つきがよくなるアルコールも睡眠途中で目を覚ましやすくなるなどの効果があります。

寝つきを良くするために

寝る2時間前に運動や入浴を行うことで寝つきよくなります。

人がは体温が高いところから低くなることで眠くなります。

激しい運動は目が覚めてしまう効果があるので逆効果です。軽いストレッチやウォーキング程度にします。

お風呂は40度前後にします。38度以下の温さでは体温が温まらず、高い温度では激しい運動と同じ効果になってしまいます。

まとめ

短時間睡眠でもしっかりとコツを守れば健康的な生活が可能です。

慣れるまでは日中眠くなることもありますが、リズムさえ作れたら問題なく生活していけます。

しんどいと思ったらやめた方がいいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする