【ソラヒメ】序盤の進め方!レベルを上げて開発や1-7を攻略しよう!【リセマラ】

序盤の進め方

『ソラヒメ』の序盤の進め方を紹介していきます。

スポンサーリンク

リセマラはしなくてもいい

リセマラをする必要はほぼない。

まず開発をできるまでが長いし確率も低いのでおすすめしません。

ガチャは無いし開発で目当のキャラを引き当てるのは至難の技・・

もしリセマラをする場合は、Lv10まで開発をしないこと

Lv10にならないと開発でレア度の高いキャラを作れません。

欲しいキャラが作れなければタイトルに戻って別のサーバーでログインしましょう。最高レアリティは☆6です。

全サーバーで失敗したらアプリを削除して再インストールするのみです。

これ系のゲームはそこまでレアリティによってキャラ性能に差が無いこともあり、リセマラするならストーリー進めていく方がレアリティの高いキャラを獲得するチャンスが多いと思います。

レア度はあってないようなもの

序盤の進め方

ゲーム開始後に選べる3キャラですが、どれを選んでも問題ありません。

ストーリーを進めてれば序盤で即揃うはず。

ドロップ

私は1-4クリア時点で揃った。むしろ余る。

スポンサーリンク

マップにはルート分岐条件がある

分岐条件

ルート分岐はクエストを選択後の編成画面で確認できます。

右にある「マップ」をタップしましょう。

マップで分岐条件がないマスはランダムで進んでいきます。

分岐条件によって部隊の編成も変えることになるので、多くのソラヒメを育成して行くことになります。

任務通り進めて行けばいい

任務で表示されている「メイン」「デイリー」「ウィークリー」を進めて行けばいいです。

「向かう」をタップしたらその任務をクリアできるクエストへ行けます。

任務

まずは開発でレアソラヒメが出るようになるLv10を目指します。

序盤ではルートによってボスマスへ行けないということもないので、かなり楽。

ドロップで手に入れたソラヒメはしっかり編成して6キャラになるようにしよう。

ただ編成して進めるだけで1-6までは問題なく進めます。

1-7で急に敵が強くなるので、1-6を6周ほどしてきましょう。周回中に司令官レベルも10になるので、開発してみるのもいい。

ソラヒメの平均レベルが12程度で何とか勝てますが、BOSS戦でAランク以上勝利を獲得しなければ行けません。事前登録で手に入るキャラを持っていなければ、もう少しレベルを上げた方がいいかと思います。

さらにソラヒメのレベル上げもしておくと楽にクリアできるようになります。

ただし、この段階で強化する場合は強化に必要なチップが殆どないので必要ないソラヒメを退役させて手に入れる必要があります。

また、BOSSマスへ最短で進むには部隊編成を「人数<5」か「爆撃>1」にする必要があります。

開発に突っ込みすぎないようにする

序盤から開発に大量の資源を入れると出撃すらできなくなります。

最初は報酬などで多少は資源に余裕があります。しかし、開発でホイホイいいキャラは出るわけでもないので、開発のしすぎには気をつけましょう。

時間経過で資源も少しづつ増えていくので後からでも十分できます。

低レアキャラも十分使えるので、資源が大量に増えるまでは控えるのもあり。

司令官レベルを上げると貰える報酬のソラヒメで序盤は何も問題ありません。

余ったソラヒメの使い道は遠征へ出そう

遠征

遠征が開放されたらすぐに遠征へ出しましょう。

遠征任務によって獲得できる資源や時間も違います。

まずは「高低空飛行訓練任務」にしておくといいでしょう。

ストーリーを進めていくと開発に必要なアイテムなどが獲得できる遠征も出てきます。

その時は自分が欲しい資源やアイテムが獲得できる遠征に行かせましょう。

また、遠征によってはソラヒメのLvが一定数に到達してないとダメなので、遠征用のソラヒメも多少育てておくといいです。

遠征に編成している以外にも余った(被った)ソラヒメは退役させてレベル上げに使う強化チップを獲得しましょう。

オススメのゲームを紹介!

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくてキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする