Twitterで自分が誰にブロックされているか分かる?解除する方法はある?

Twitterでブロックされた

Twitterをやってると気になるのは誰かに嫌われてないかな?とか、ミュートされたりブロックされてないかな?といったこと。

好きなようにツイートしてるし、ブログやってるくせに記事の宣伝としても使用してない私のアカウントは存在意義が分からなくなってきました。

役立つ記事でも書いて宣伝したらいいと思うけど中々そんな記事は書けない現実・・うごごご

日頃のどーでもいい独り言を呟くばかり!ひょっとしてうざいとかタイムラインに表示されると邪魔!とか思われてないか・・

そんなことを感じる人は多いのではないでしょうか。

この記事では、誰にブロックされているのかを確認する方法や解除する方法はあるのか紹介していきます。

スポンサーリンク

Twitterで自分がブロックされたのを確認する方法

実は確認方法が意外と少ないんですよね。

もし、自分をブロックしたかもしれないと感じる人がいれば、その人のプロフィール画面を見ればわかります

フォローしたり、ツイートを見たりすることはできません。と表示されます。

また、自分がフォローしてるのにリストに表示されなくなったら、それはブロックされています。もしくはアカウントを削除したか。

これはブロックされるとフォロー、フォロワーが強制解除される為です。

フォローしている人数が少なければこの方法で十分確認できます。フォローしている人を全員覚えていればですけど・・

ブロックされてムカツク!ブロックし返してやる!とブロックしようとしてもブロックできないので悔しい思いをすることになります。

まあ、相手にブロックされたらし返す意味は無いんですけどね。

しかし、この方法ではフォロー人数が多い人はかなり大変な作業になります。さすがにそこまでして自分をブロックした人なんか調べる気も出ません。

そこで、簡単にブロックした人を確認する方法がアプリ・サービスです。

また、確実に分かるというわけでもなく、あくまで可能性が高いというものです。

スポンサーリンク

アプリやサービスを利用してブロックされた人を確認する方法

自分がブロックされているか調べたり、ブロックされたかもしれない、最近Twitterを利用していない人等を調べる事ができます。

個人的にブロックされたりというのはどうでもいいですが、Twitterを利用しなくなった人が分かるのはとても嬉しい機能です。

フォローしている人が何ヶ月もTwitterを利用していない場合、Twitterアプリだけで調べるのはかなりの手間ですし、もう辞めた人をいつまでもフォローしている必要はありませんからね。特別邪魔にはならないけど、スッキリさせておきたい人には嬉しい機能です。

リムーブ・ブロックだけではなく、自分のTwitter状況を確認するのにも便利ですよ。

そんな便利なアプリ・サービス「えごったー」と「ひすったー」の2つを紹介します。

Twitterと連携すると便利ですが、連携しなくても「@の後ろのユーザー名」で検索したり、TwitterIDでログインするだけで登録でき、再度訪れると前回ログインした時との情報を比較してくれます。

1回目は情報が何も無いためブロックされた等は分かりません。一度TwitterIDを入れて検索したり、登録することで情報が記憶されるので、2度め以降の使用で1度目の使用時からブロックされたか?等がわかります。

一度Twitterと連携させておけば、ブックマーク・お気に入りに入れて簡単に使う事ができます。

実際に試してみて見やすい方を使うといいかと思います。

デザインがスッキリしてるのは「ひすったー」ですが、項目が多いのは「えごったー」です。

私としては、連携しても何も問題はないので両方と連携するのをおすすめしますが、片方でいいという人には通知も可能な「えごったー」を推します。

「えごったー」はフォローを外されたらDMで知らせてくれるので中々便利ですよ。

えごったー

まず1つ目は「えごったー

えごったーの使い方

iPhone・Androidなど、スマホ・タブレットからリンクにアクセスして以下の事を簡単に調べることができます。

・自分のTwitter利用状況やフォローを外した・外された
・新しいフォロー・フォロワー
・ブロックされたかも、両思い(相互フォロー)
・片思い、片思われ
・リプライした・された
・自分がよくふぁぼる人
・最近Twitterにいないフォロー・フォロワーの人

ひすったー

2つ目が「ひすったー

ひすったーの使い方

こちらでは以下のような事が分かります。

・フォロー解除した
・フォロー解除された
・フォローした
・フォローされた
・ブロックした
・ブロック解除した
・ブロックされた可能性

ブロックを解除する方法

自分がブロックされたら解除する方法はありません。相手に直接お願いするしかないです。

リアル知り合いなら電話やメールなんかですね。ネット上の付き合いしか無いなら、Twitterで別アカウントを作成するしありません。

相手が鍵付きアカウントでお願いすら出来ない場合は共通の知り合いに頼んでみてはどうでしょうか。ブロックされた時点で相手に何かしら不快な思いをさせているはずです。

しっかり謝罪したら意外と仲直りできるかもしれませんよ。

自分がブロックした場合は「プロフィールと設定」→「設定」→「ブロックしたアカウント」で確認できるので「ブロック中」にカーソルを合わせてブロック解除ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする