Twitterの動画を自動再生させない方法!Wi-Fi接続時だけの設定もできる

Twitter

Twitterの動画が自動再生されていると通信量もそれだけかかっています。

自動再生にするとTwitterアプリも少し動作が重くなります。

毎回見たい動画ばかりというわけでもないので、自動再生させたくない人は節約も兼ねてオフにするか、Wi-Fi接続時だけの設定にしましょう。

スポンサーリンク

Twitterの動画を自動再生させない方法

タイムラインに流れるTwitterの動画はデフォルトで自動再生になっています。

自動再生をOFFにしてもクリックするだけで再生可能です。

まずはPCでTwitterの動画を自動再生をさせない方法を紹介します。

右上にある自分のアイコン「プロフィールと設定」をクリックします。

プロフィールと設定

「設定」をクリックします。

設定

ユーザー情報ページが表示されるので、下にスクロールして「コンテンツ」→「動画ツイート」の項目にある「動画の自動再生」のチェックを外します。

動画の自動再生

これでPCでTwitterの動画が自動再生されなくなります。

スポンサーリンク

iPhoneでTwitterの動画を自動再生をさせない方法

右下の「プロフィール」をタップします。

プロフィール

「歯車アイコン」をタップします。

歯車

「設定」をタップします。

設定

「データ」をタップします。

データ

「動画の自動再生」をタップします。

動画の自動再生

・モバイルデータ通信やWi-Fi接続時
・Wi-Fi接続時のみ
・常にオフ

この3つの中から選びましょう。

「モバイルデータ通信やWi-Fi接続時」はデータ量の節約の為にも設定しない方が無難です。

Twitterの動画を止める方法

以上がiPhone/iPadでのTwitterの動画を自動再生させない設定になります。

AndroidでTwitterの動画を自動再生をさせない方法

左上にある「三本線」をタップします。

AndroidでTwitterの動画を止める方法

「設定」をタップします。

設定

「データ」をタップします。

データ

「動画の自動再生」をタップします。

動画の自動再生

・モバイルデータ通信やWi-Fi接続時
・Wi-Fi接続時のみ
・常にオフ

この3つの中から選びましょう。

「モバイルデータ通信やWi-Fi接続時」はデータ量の節約の為にも設定しない方が無難です。

Wi-Fiの時だけ再生

以上がAndroidでTwitterの動画を自動再生させない方法になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする