Windows10でコントロールパネルの開き方!ピン留めしたりショートカットキーを使おう

コントロールパネル

Windows10では「設定」画面でコントロールパネルと同じような設定が可能です。

しかし、設定画面ではできないけど、コントロールパネルでしかできない設定もあります。

設定画面はスッキリしていて見やすいけれど、何だかんだでコントロールパネルを開いて設定する事が多いですね。

スタートメニューを開いてコントロールパネルを探すのが面倒だ、という人はショートカットキーを覚えると簡単に開くことができます。

また、頻繁に利用する人はデスクトップにショートカットを作ったり、タスクバーにピン留めすると便利です。

この記事では、Windows10でコントロールパネルの開き方を紹介します。

スポンサーリンク

Windows10でコントロールパネルを開く方法

簡単な開き方をしらないと非常に面倒です。

普通に開く場合は「Windows」キーを押して「Windowsシステムツール」からコントロールパネルを起動することになります。

スタートメニューを下へスクロールして探すことになり、他のアプリやフォルダも多くて中々探すのも苦労します。

コントロールパネル

コントロールパネルの開き方は他にも色々あるので紹介していきます。

コントロールパネルを頻繁に開くなら

上で紹介した方法で「Windowsシステムツール」でコントロールパネルをドラッグ&ドロップでデスクトップに持っていきましょう。

もしくは、スタートメニューにドラッグ&ドロップで右側に配置できます。

タスクバーにピン留めすることも可能で、「Windowsシステムツール」の「コントロールパネル」を右クリック「その他」→「タスクバーにピン留めする」をクリックでタスクバーにピン留めができます。

コントロールパネルをタスクバーにピン留めする方法

コントロールパネルを簡単に開く方法

スポンサーリンク

ショートカットキーで開く

覚えてしまえば最も簡単にコントロールパネルを開くことができます。

「Windows」キー+「X」キーでスタートメニューを右クリックした時と同じウィンドウを開く事ができます。

「Windows」キー+「X」キーを押した後に「P」キーを押すと「コントロールパネル」が開けます。

コントロールパネルを検索して開く

この方法ならキーボードに両手を置いている状態でも開く事ができます。

「Windows」キーを押して「kon」と文字を入力すると、検索結果にコントロールパネルが表示されます。

検索する方法

そのまま「enter」キーを押すとコントロールパネルが起動します。

スタートメニューを右クリックして開く

Windowsアイコン(スタートボタン)を右クリックします。

右クリック

シンプルなウインドウが表示されるので探すのも簡単です。

エクスプローラーから開く

エクスプローラーの「クイックアクセス」から開くこともできます。

アドレスバーの左にある三角アイコンをクリックします。

エクスプローラー

コントロールパネルをクリックします。

コントロールパネルを開くには

開き方は多いので、自分に合った方法を使いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする