Windows10で動かないツール・ソフト・アプリを互換モードで起動させる方法

Windows10

Windows10にアップグレードしたけど動かないプログラムが・・!

Windows10に対応していないツール・ソフト・アプリを起動させるには互換モードを使ってみましょう。

この記事では、Windows10の互換モードを使って古いソフトを動かす方法を紹介します。

スポンサーリンク

未対応のソフトをWindows10の互換モードで動かす方法

基本的にWindows7以降のソフトは動いてくれることがほとんどです。

ですが、Windows10に対応していないソフトもあり、インストールすらできない場合は互換モードが使えません。

インストールさえ可能ならWindows10の互換性は良いので動く可能性が高く、ソフトによってはWindows95~Windows8まで選ぶことが可能です。

互換モードが使えない

普通はインストール後、自動的に対応したOSバージョンになっています。それでも動かない場合に互換モードを使いましょう。

スポンサーリンク

互換モードの設定方法

Windows10で使えなくなったソフトを右クリックして「プロパティ」を開きます。

プロパティ

プロパティ画面の上部タブにある「互換性」をクリックします。

互換性

「互換モード」の「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。

互換モード

その下のプルタブからWindowsのバージョンを選べるようになります。

動いていたWindowsのバージョンを選択します。

Windowsのバージョン

どのバージョンで動作可能か分からない場合、ソフトの名前を検索して調べましょう。対応OSとバージョンが記載されているはずです。

Windowsのバージョンを選択したら「OK」をクリックします。

互換モードの使い方

プロパティは閉じてOK!

後は互換モードを設定したソフトをダブルクリックで実行しましょう。

互換モードは毎回選択する必要はなく、自分で設定し直さなければ変わりません。

また、起動させたソフトを終了すると「このプログラムは正しく動作しましたか?」と聞かれますが、「閉じる」でOKです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする