Windows10でシステムの復元でPCを問題無かった時の状態に戻す方法

Windows10

システムの復元はWindows側で作成した復元ポイントや自分であらかじめ作っておいた復元ポイントの状態にPCを戻すことが出来ます。

PCがおかしくなったとか、何かしらトラブルが起こった場合にシステムの復元をやってみると、PCを正常に動いていた状態に戻す事ができる可能性があります。

便利な機能ですが、絶対に正常になるわけでもないので注意してください。

この記事では、「システムの復元」を行う方法を紹介します。

スポンサーリンク

システムの復元とは

冒頭で書いたとおり、PCを以前の状態に戻す機能です。

しかし、全てのデータが戻るわけではなく、システムに加えられた変更点が復元されるため、写真データやメールなどは消えるものではありません。

復元されるものは、システムフォルダやレジストリで、Windowsにインストールされているアプリやプログラム類の一部が復元されます。

消えるデータとしては、exeファイル何かは削除される場合もあります。

簡単に説明すると、個人で作成したものは消えない。例えばメモ帳のデータとかですね。

バックアップを復元することとは別物なので、間違ってファイルを削除したからといってシステムの復元をしても戻りません。

また、何かしらのプログラムをインストールしてPCの調子が悪くなったからといって復元しても、レジストリからインストール情報が消えるだけで、一部のデータは残ります。そのため、プログラムのアンインストールともちょっと違います。

何かをインストールしておかしくなった場合、アンインストールを先にするようにしましょう。それでもおかしければシステムの復元をする方がいいです。

あくまでパソコンを正常に動作させるために行う手段の一つです。システムの復元だけで全てが良くなるわけではありません。マイドキュメントのファイルが消えるなんてこともあるので気をつけましょう。

基本的にユーザーデータは消えませんが、消える場合もあるので普段からバックアップを取ることが大切です。

個人的にはPCの調子がおかしくなった場合、システムの復元よりもバックアップから復元させた方がいいと思います。

PC不調時に直す方法として、最終手段がOSのクリーンインストールとしたら、システムの復元はその前に試してみる手段といったイメージです。

システムの復元をする方法

まず、システムの復元を実行するには「復元ポイント」が必要です。

何かしらのシステム変更時にWindows側で自動的に復元ポイントを作ってくれますが、自分に取って最適な状態でも復元ポイントを主導で作っておくことも大切です。

場合によっては復元ポイントが存在せず、システムの復元ができないなんてこともあるので、予め用意しておきましょう。

スポンサーリンク

復元ポイントを自分で作る方法

Windowsアイコンを右クリックして「システム」を選択します。

システムメニュー

「システムの保護」をクリックします。

システムの保護

システムのプロパティが開くので、システムの復元が可能か確認します。

「構成」をクリックします。

システム構成

システム保護対象の画面が開くので、「システムの保護を有効にする」にチェックが付いているか確認して、無効の場合は有効に変更してください。

システムを保護する

ここが無効だとシステムの復元が使えません。

有効にしたらOKをクリックしてください。

「システムのプロパティ」画面に戻り、復元ポイントを作成するため「作成」をクリックします。

復元ポイントの作成方法

作成する復元ポイントに名前を付けます。何かをインストールする前だったり、どんなタイミングで作成した復元ポイントか見分けやすい名前にしましょう。

手動で復元ポイントを作る

「作成」をクリックすると、復元ポイントの作成が始まります。

復元ポイントを作る方法

1分も掛からないでできるかと思います。

復元ポイントを作った

「閉じる」をクリックして「システムの復元」をクリックします。クリックしただけでは復元は始まらないので安心してください。

復元の確認

「次へ」をクリックして作成した復元ポイントを確認してみましょう。

過去に復元作業をしたことがあれば、「別の復元ポイントを選択する」にチェックを入れて「次へ」をクリックしてください。

下の画像は一度もしたことがない場合です。

確認

作成した復元ポイントの名前があれば、手動で復元ポイントの作成は完了です。

復元完了

それでは、実際に復元してみましょう。

システムの復元をする方法

上の続きで復元していきます。

復元したいポイントを選んで、ダブルクリックか「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします。

復元して問題がないか

選択した復元ポイントに戻した場合、影響を受けるプログラムやドライバーを検出してくれます。何も気にしないのであれば、別にする必要はありません。

検出

スキャン後は削除されるプログラムとドライバー、復元される可能性があるプログラムとドライバーが表示されます。

あくまで可能性で、復元後に正常に動かなくて再インストールが必要になる場合もあります。

消えるデータ

確認したら「閉じる」をクリックして「次へ」をクリックします。

復元してみた

復元ポイントの確認画面が表示されます。問題がなければ「完了」をクリックします。

復元する方法

システムの復元を開始すると中断はできないので、他の作業をしている場合は終了してからにしましょう。

ここが最後の確認になります。

復元が失敗する

システムの復元には多少時間がかかります。また、復元完了後はPCが自動的に再起動します。

PCへログインするとシステムの復元が正常に完了したなどのウインドウが表示されます。

以上がシステムの復元方法になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする