Windows10でSmartScreenの設定をオフにする方法!無効にしないと面倒くさい

Windows10

SmartScreenフィルターは怪しいサイトやアプリからPCを守ってくれるセキュリティ機能です。

しかし、このSmartScreenが有効になっているとインストール、実行したいアプリを実行できなくなってしまいます。

自分で安全だと分かってもSmartScreenによって弾かれてしまいます。

デフォルトで有効になっているため、「WindowsによってPCが保護されました」と出てインストール、起動ができない場合は設定をオフにして表示されないようにすることができます。

また、「実行しない」のみが表示されますが、「詳細情報」をクリックすると「実行」を表示させる事もできます。

インストール、起動の際に自分で安全性が確認できない時のためにも、SmartScreenフィルターをオンにしても実行ができるように設定するといいでしょう。

スポンサーリンク

SmartScreenの設定を変更する方法

Windowsアイコンを右クリックして「コントロールパネル」を開きます。

コントロールパネルを開く

表示方法を小さいアイコンにして「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。

セキュリティとメンテナンス

「Windows SmartScreen設定の変更」をクリックします。

SmartScreen

「Windows SmartScreen」の画面が表示されます。

アプリがインストールできない

SmartScreenが邪魔に感じるようなら一番下の「何もしない」にチェックをつけます。

警告は一応して欲しい場合は真ん中の「認識されないアプリを実行する前に警告するが、管理者の承認を必要としない」にチェックを付けます。

後は「OK」をクリックして完了です。

スポンサーリンク

プライバシーオプションの変更で無効にする

コントロールパネルで設定してもプライバシーオプションの変更が必要です。

こちらはWindowsストアアプリが使うWebコンテンツを確認する設定のようです。

「Windowsキー」→「設定」を開きます。

設定

「プライバシー」をクリックします。

プライバシー

「全般」にある「SmartScreenフィルターをオンにしてWindowsストアアプリが使うWebコンテンツ(URL)を確認する」をオフにします。

SmartScreenをオフにする方法

以上でプライバシーでの設定が完了です。

この設定とは別にEdgeブラウザを使う場合はブラウザ側でもオフにしておく必要があります。

Edgeブラウザで無効にする方法

Edgeを起動して右上の「詳細」→「設定」をクリックします。

Edgeで無効にする方法

「詳細設定を表示」→「SmartScreen」をオフにします。

無効にする

これでSmartScreenの設定変更が完了です。

個人的にはウィルスソフト入れてれば特に必要ないのでは?と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする