【Windows10】Windows.oldフォルダーを消す方法!フォルダーが残る場合は?

Windows10

Windows10へアップグレードすると「Windows.old」というフォルダーができます。

このフォルダーはWindows7/8.1からアップグレードした際に以前のバージョンに戻す為に使うデータが入っています。

アップグレードはかなりの容量を持っています。PCの容量に問題がないので消えるのをまっていました。

このフォルダーは普通、1ヶ月経つと自動で消えてくれます。1ヶ月以上経っているし消えたかな?と思って覗いてみると、まだ残っている!

ただし、中身は0バイトなので中身は消えてるみたいです。邪魔なので消そうと思っても右クリックではフォルダーを削除できません。

残ってても問題はないですが、フォルダーが無駄に残る場合は必要ないので消したいですよね。

この記事では、「Windows.old」フォルダーを完全に削除する方法を紹介します。

スポンサーリンク

「Windows.old」フォルダーを削除する方法

Windows.oldがある場所はローカルディスク(C:)です。

Windows.old

このフォルダーはディスククリーンアップで削除できます。

Windowsアイコンをクリックして「ディスククリーンアップ」と入力して「ディスククリーンアップ」を開きます。

入力する文字は「ku」でも出てきます。

ディスククリーンアップの開き方

スポンサーリンク

管理者として実行する

「ディスククリーンアップ」を普通に左クリックで開くのではなく、右クリックして「管理者として実行」を選びます。

スタートメニュから文字入力で探さなかった場合(Windowsの管理ツール→ディスククリーンアップで探したり、ピン留めしている場合)は右クリックで「その他」→「管理者として実行」です。

管理者として実行

ドライブの選択で「Windows.old」がある「ローカルディスク(C:)」を選択して「OK」を押します。

ドライブの選択

ディスククリーンアップの画面が表示されたら削除するファイルから「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れます。

この項目は管理者として実行すると表示されます。

チェックを付けたらOKをクリックします。

削除する方法

確認画面で「ファイルの削除」をクリックします。

ファイルの削除

これで「Windows.old」フォルダーが削除できます。

フォルダーがあった場所を確認してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする