YouTubeで見たくない邪魔なチャンネルやユーチューバーを消す方法

邪魔な動画を消す方法

Youtubeをよく利用してて邪魔になるのは、やはり興味のない動画のサムネイルが表示されることです。

ユーチューバーの顔がデカデカと表示されても興味がないし見たくない、むしろ嫌悪感を感じる人も多いのではないでしょうか。

YouTubeにはブラックリスト実装の要望も多いみたいですが、実装はされません。

ということで、特定のチャンネルアカウントやユーチューバーなどを非表示にする方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

「Video Blocker」を使ってブロック

FirefoxとChromeにあるアドオン「Video Blocker」を使って消していきます。

→Firefoxの「Video Blocker

→Chromeの「Video Blocker

一応OperaにもありますVideo Blocker

Chromeなら拡張機能を追加すると右上にアイコンが追加されます。

追加後、YouTubeを開くと説明文が表示されます。

一番下の「Close this window (untill the next update)」をクリックして閉じましょう。

ユーチューバー気持ち悪い

拡張機能の次回更新時に再度表示されます。

スポンサーリンク

特定のチャンネルやユーチューバーをブロックする方法

早速、観たくない動画をブロックして非表示にさせてみましょう。

YouTubeのトップページで「急上昇」や「おすすめのチャンネル」に表示されている動画のサムネイル。

自分が邪魔だなーと思っているサムネイルを右クリックして、「Block videos from this channel」をクリックします。

邪魔くさいユーチューバーを削除

これはチャンネル名と動画リンクのどちらで右クリックしてもブロックできます。

これだけで見たくないチャンネルは表示されなくなります。

この拡張機能は「急上昇」や「おすすめ」だけではなく、ブロックした「チャンネル」が検索結果にも表示されなくなります。

仮にHikakinで検索すると彼のチャンネルは検索されず、タイトルにHikakinと入っていれば、ブロックしたチャンネル以外の動画だけが表示されます。

見たくないと感じた動画をアップしているチャンネルをブロックしていけば、自分の趣味にあった動画ばかりが表示されやすくなります。

時間はかかるけど、日に日に快適にYouTubeをみることができます。時間が経てばあんな人いたね、とかなります。

名前すら見たくない場合

「Video Blocker」では、チャンネルだけではなく、キーワードでもブロックすることができます。上で紹介した方法では、別のチャンネルから動画投稿されていると表示されます。

しかし、キーワードでブロックしておけば、キーワード検索した時に表示される動画タイトルにブロックした人物の名前が入っていれば、ブロックできます。

大体別の人と動画をとった場合はその人の名前がタイトルに入ったりしているので、これで殆ど顔をみることがなくなります。

右上に表示されたアイコンをクリックします。

「Add」タブをクリックしてその下のデフォルトで「Channel」となっている箇所をクリックします。

「Keyword」を選択して、自分が嫌いな動画によく使われる「キーワード」を入力して「+」をクリックして追加します。

完全に消す

これでその単語を含む動画は、「急上昇」や「おすすめ」、「検索結果」にも表示されなくなります。

グロ画像をサムネにしている動画も多いので、自分の苦手な動画はブロックしていきましょう。

間違ってブロックした場合

ブロックの解除とブロックしたチャンネルを確認できます。

右上に表示されたアイコンをクリックします。

ブロックしたチャンネルが表示されるので、解除したいチャンネルの右にある「×」をクリックします。

ブロック解除方法

これで間違えてブロックした場合や、見たくなったチャンネルを表示させる事ができます。

目障りな動画を消せて快適なYouTubeになりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする