【エンドライド】フレンドとグループの違いは?救援スタミナ0を有効に使おう!

フレンド募集

『エンドライド』ではチャット機能や救援を出せるグループ、フレンドがあります。

ギルドのようなグループは今の所ありません。

チャットはしたくないという人でもある程度フレンドを増やし、グループに所属しないとすぐにやることがなくなってしまいます。

この記事では、グループとフレンドの違いやメリットを紹介します。

スポンサーリンク

グループとフレンドの違い

グループはいわばチャット部屋兼、救援を出せる仲間です。

情報を共有したり、救援を出し合うだけ、チャットがメインだったりとその用途は様々です。

しかし、グループでの救援に参加するとスタミナを消費します。

逆に、フレンドの救援に参加するとスタミナ消費0となります。

主な違いはこの程度です。

では、グループはチャットをしなければメリットはないのか?というと、そういうわけでもありません。

討伐戦やメタノコなど、一日に自発する回数が制限されているクエストがあります。

回数制限のあるクエストはグループ、フレンドからの救援であれば制限を受けずに参加することが可能です。

フレンドだけでもいいと思うかもしれませんが、フレンド数にも上限はありますから、少しでもクエストに参加できる可能性を増やすためにもいくつかのグループに所属しておくことをおすすめします。

スタミナ回復薬ハーフは毎日交換で入手できるため、グループからの救援にもスタミナをあまり気にせずに参加することができます。

チャットの通知が頻繁に来るので多少面倒ですが、チャット通知と救援通知は見た目が違うのでチャット通知は無視するといいと思います。

救援通知はこんな感じになります。

救援通知

フレンドの募集はワールドチャットで行うのもいいですし、募集してる人のキャラをタップしたり、クエスト終了時など申請して増やしていきましょう。

スポンサーリンク

救援はドロップ率が悪くなる

自発した場合はレアドロップに期待できますが、救援で参加した場合はドロップ率が悪くなっているようです。

また、MVPを取りたい場合は救援を出すのを少し遅らせるといいです。

ある程度ボスのHPを削ってから救援を出すことでMVPを取りやすくなります。

救援の出し方

クエスト開始前の読み込み中、クエスト開始後に救援を出せます。

クエスト開始後は右上のメニューをタップすると「救援」があります。

救援の出し方

救援はフレンド、グループのどちらにも出すことができるので、高難易度ステージへの参加時は両方に出しておきましょう。

特に難しくもないクエストでも、フレンドへ救援を出すと相手はスタミナ0で参加できるのでフレンドへの救援は毎回出すと喜ばれると思います。

救援を出していないのにフレンドが戦闘に参加してきますが、中身はNPCです。

フレンドがクエストに参加した場合はアナウンスが入ります。

救援参加

オススメのゲームを紹介!

スマホゲームとして最高レベルのグラフィックが魅力的なスタイリッシュアクションRPG「HIT」

オート機能もあり、オート中にプレイヤーがスキルの発動や移動もできるため、アクションとして操作性もよくストレス無く遊べます。

オート機能でアクションが苦手でも楽しみやすいゲームですが、友達と一緒に協力して挑戦できるレイドボスやPvPもあり、アクション好きにも楽しめる要素が多く備わっています。

全世界1300万DLも頷ける、オススメのスマホゲームです。

>>HIT<<

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

新作のスマホゲーム!

釣り+RPGが融合した新しいジャンルの「フィッシュアイランド2」

タイミングに合わせてタップするリズムゲームスタイルで魚を釣り上げる!簡単操作で釣れるまでの待ち時間もない新たな釣りゲー!

アバター要素も強く、着せ替え好きな人にもおすすめです。釣った魚は水槽にいれて鑑賞できたり、ストーリーはフルボイス、最大4人での同時対戦バトルなど、釣りゲーとは思えないクオリティが楽しめます。

>>フィッシュアイランド2<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする