【グリムノーツ】試練の想区でコンボ技や切替技を習得!【攻略】

試練の想区

『グリムノーツ』では「試練の想区」のクエストを受けることでキャラ毎にコンボ数の増加や切替技を習得することができます。

有ると無しでは攻略難度も違うので編成キャラの試練はなるべく早めに習得させましょう!

この記事では、試練の想区について紹介していきます。

スポンサーリンク

試練の想区を解放

箱庭の王国で、城のLvを2に上げると解放されます。

城のLvを上げるには金(微)が手に入らなくて苦労するかと思いますが、「金曜クエスト」「シンデレラの想区1-24」がドロップしやすいのでオススメです。

試練の想区でクエストを受けよう

試練選択

試練の想区ではヒーローが単独で敵と戦うことになるので、ある程度レベルを上げてから挑みましょう。

各ヒーロー毎にクエストを受注できるようになっています。

ただし、ヒーラーは攻撃速度が遅く、近距離攻撃なので他のヒーローに比べると難易度が高くなります。

攻略方法として、ヒットアンドアウェイで対応すると時間は掛かりますが、レベルが低くてもクリアできます。

コンボ技習得

コンボ数増加

クエストをクリアしたヒーローの最大コンボ数が増加します。

コンボ数はレアリティ関係なく、全てのヒーローが増やすことができます。

・第一試練:コンボ3→4
・第二試練:コンボ4→5
最大5コンボまで増やすことができます。

15レベル以上あるとクリアできるかと思います。

切替技の習得

切替技

第三試練が「切替技」の習得クエストになります。

切替技を取得できるのはレアリティが✩5以上のヒーローです。

コンボ数増加の試練よりも難易度が高くなっています。

スポンサーリンク

切替技の出し方

切替技の使い方は攻撃動作中にヒーローの切替を行うことで発動します。切替技使えない、出ないという方は気をつけましょう。

また、切替技発動時は必殺技ゲージを1つ消費することになるので、ヒーローの切替を適当にやっていると必殺技が撃てない状況に陥るので気をつけましょう。

切替技の一覧

切替技の種類

切替技の種類は、キャラごとに別ではなく武器の種類で固定になります。

・片手剣:ダッシュブレード
ダッシュで敵を切り裂きながら背後に回り込む

・大剣:パワーブレード
敵に大ダメージを与える切り上げ攻撃を繰り出す

・槍盾・槌盾:ヘビーインパクト
周囲の敵を吹き飛ばした後、自身の重量が一定時間増加する

・両手杖:ブレスマジック
ステップバックの後、強力な魔法を繰り出す
キャラごとに状態異常を付与する(同じ敵への2発目からは耐性ができる)
赤ずきん:一度だけ敵を麻痺状態にする。
三日月うさぎ:スタン
モルテ卿:毒

・弓:ロングショット
ステップバックの後、強力なショットを繰り出す

・片手杖・魔道書:スモールリカバー
同じユニオンのHPを回復する
同じキャラにセットされているヒーローと自分のHPを回復する。

オススメのゲームを紹介!

スマホゲームとして最高レベルのグラフィックが魅力的なスタイリッシュアクションRPG「HIT」

オート機能もあり、オート中にプレイヤーがスキルの発動や移動もできるため、アクションとして操作性もよくストレス無く遊べます。

オート機能でアクションが苦手でも楽しみやすいゲームですが、友達と一緒に協力して挑戦できるレイドボスやPvPもあり、アクション好きにも楽しめる要素が多く備わっています。

全世界1300万DLも頷ける、オススメのスマホゲームです。

>>HIT<<

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

新作のスマホゲーム!

釣り+RPGが融合した新しいジャンルの「フィッシュアイランド2」

タイミングに合わせてタップするリズムゲームスタイルで魚を釣り上げる!簡単操作で釣れるまでの待ち時間もない新たな釣りゲー!

アバター要素も強く、着せ替え好きな人にもおすすめです。釣った魚は水槽にいれて鑑賞できたり、ストーリーはフルボイス、最大4人での同時対戦バトルなど、釣りゲーとは思えないクオリティが楽しめます。

>>フィッシュアイランド2<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする