【グラブル】ジョブスキンやキャラ専用スキンセットで見た目・衣装の変更方法

見た目の変更方法

『グラブル』では主人公のグラン君とジータちゃんの見た目を変える「ジョブスキン」とキャラの見た目を変更する「キャラ専用スキンセット」があります。

見た目といっても、衣装を変えるだけで性能は変わったりしないようですけどね。

この記事では、スキンを変更する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

スキンの入手方法

基本的にはグラブルのCDを購入して、その特典で入手したり、ゲーム内でキャラ専用スキンセットを購入して手に入れます。

稀にイベントで獲得できることもありますが、イベントで獲得可能なものは主にジョブスキンかコラボキャラ専用のスキンとなります。

普通にガチャで手に入るキャラのスキンは期間限定で購入する必要があり、逃しても再登場する場合もあります。主に「レジェンド10連ガチャチケット1枚+専用スキン」といった形で販売されてます。

ガチャで手に入るキャラでもイベントでスキンが手に入るかというのはちょっと分かりませんが、私の記憶にはないです。ひょっとするとイベントで配布しているかもしれませんね。

また、アイドル系のスキンは変更してマイページに表示させるとBGMが変わったり、メイン武器にすると見た目が変わったり、スレイヤーズコラボではリナの詠唱時間が長すぎるので短縮させるといった特殊な効果があるスキンもあります。

スキンは各キャラ専用となっており、同性同名であればスキンの付け替えが可能で、ジョブスキンの場合は対応した特定のジョブの場合だけ変更できます。

スキンの変更方法

ジョブとキャラでスキンの変更方法が違います。

自分が持っているスキンがどのキャラか分からない、忘れたという人も簡単に確認できるので安心してください。

「MENU」→「リスト」→「スキン」で自分が持っているジョブ・キャラスキンを確認できます。

スキンを変える方法

うわっ・・・私のスキン少なすぎ・・・?

まあ、たまにサプライズガチャとか買う程度ですからね。イベント大体参加しててこれなので、何かを購入しないと基本的にスキンはゲットできないっぽいです。

スポンサーリンク

キャラスキンの変更方法

キャラの場合、スキンとPOSEを変える設定があります。

キャラは上限解放すると絵が変わりますよね。POSEでは絵が変わる前と変わったあとの好きな方を選ぶことができるというものです。

結構詳細に変更が可能で、「マイページ」「リスト」「編成・詳細」「バトル(下に表示されるカード部分)」「バトル(上に表示されるデフォルメキャラ)」「奥義のカットイン」「チェインバースト」これらの表示をそれぞれ個別に変える事ができます。

上限解放して残念なキャラもこの設定を変えれば嫌な思いもしないですみますね。

設定方法ですが、キャラの詳細が確認できればどこでもOKです。編成からでもいいし、リストからでもOKです。

今回はリストから設定していきます。(編成からでも同じ)

「MENU」→「リスト」→「キャラ」で、スキンやPOSEを変更させたいキャラを選びます。

見た目を変更

キャラ詳細画面で下へスクロールすると「POSE・スキン切り替え設定」があります。これをクリック!

スキン切替方法

スキンを変更する場合は「スキン切り替え」をクリックします。

POSEとは

スキンを選択して「OK」をクリックします。

スキンの選択方法

あとは一番下へスクロールして「設定を反映する」をクリックして完了です。

スキンが変更出来ないという人はここを見逃しているかもしれませんね。

設定を反映さする

ジョブスキンの変更方法

ジョブスキンはちょっと分かりにくいですね。

性別を変える「Change」と同じようになっています。

性別は「プロフィール」ジョブスキンは「編成」で変更と覚えておきましょう。

まずは、スキンを変えたいジョブに変更してください。

「MENU」→「編成」→「ジョブ詳細」と移動します。

ジョブ詳細

左上の「Skin」をクリックします。

Skin

変更したいスキンを選んで「OK」をクリックして完了です。

ジョブスキン

ジョブの場合、同じ系統のジョブならスキンを変更できます。

スキンは頻繁に変えないので、久々に変えようと思うとどこからだっけ・・とか迷子になりやすい・・

特にジョブスキンは性別変更のアイコンと似てて分かりにくいですよね。

オススメのゲームを紹介!

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくてキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする