Amazonプライム会員はメリットが多い!お得な特典と料金プランを解説

Amazonプライム

Amazonは結構利用していたのですが、ずーっとAmazonプライム会員になるか悩んでいました。

入りたいけど自分にメリットあるのかな?と思いつつも調べるのが面倒でそのまま放置して今では後悔です。

年会費3,900円(税込)も私的には決して安くないしなーと思って迷い続けていました。

しかし、今ではamazonプライム会員(有料会員)になって1年以上が経過しています。継続して会員になっている理由としては単純にメリットが多いからです。

ということで、Amazonプライム会員を1年以上続けている私がプライム会員の特典や料金プラン(年間費・月間費)、どんな人がプライム会員になると得なのか解説していきます。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員って何なの?

Amazonプライムとは、Amazonが提供している有料会員サービスです。

無料会員の場合、2,000円未満の買い物では送料が発生するところ、Amazonプライム会員なら安い買い物でも配送料が無料になり、お急ぎ便や日時指定も何度使っても無料になります。

しかし、Amazonプライム会員の特典は通販に関することだけではありません。

Amazonプライム会員になると通販以外にも多くのメリットが存在するので後ほど詳しく説明していきます。

Amazonプライムの料金

Amazonプライム会員の料金は「年間プラン」「月間プラン」「学生プラン」が存在します。

各プランは申し込み時に選択します。

スポンサーリンク

年間プランの料金

年間プランの場合、3,900円(税込)となります。1ヶ月に換算すると325円!ジュース2本我慢したら余裕ですね。

月額に換算したらこんな金額で悩んでいたのかと思える程に安い!

年間プランの途中解約について

年間プランは途中解約が可能です。

プライム会員の特典をどれだけ利用したかによって返金される額が変わります。この金額は非公開となっていますが、ほぼ日割り計算になっています。

ただし、一度もプライム会員の特典を利用していない場合に限り全額返金が可能です。

月間プラン

月間プランは1ヶ月で400円(税込)となります。

年間プランよりも一月あたり75円高くなります。1ヶ月の間に何回かに分けて安い買い物をしたりする場合に利用するといいでしょう。

学生プラン(Amazon Student)

学生専用のプランAmazon Studentがあり、年会費は1,900円(税込)とかなりお安くなります。

通常のAmazonプライムと同じ特典+αで6ヶ月間の無料体験期間が付いてきます。

1月あたり159円と破格の安さです。貧乏学生でも余裕で会員になることはできますね。

また、Amazon Studentの会員登録は最大4年間自動更新されます。4年間が経つと自動的に年会費3,900円(税込)のAmazonプライム会員に切り替わります。

大学4年生の時点で会員登録しても4年間は学生プランが適用されるので、卒業間近な学生は今のうちにAmazon Studentへ加入しておくのがおすすめです。

無料体験期間

通常のAmazonプライム会員には1ヶ月間(30日間)の無料体験期間があり、学生プランの「Amazon Student」だと無料体験期間が6ヶ月間(180日間)あります。ただし、デフォルトでは自動更新なので解約し忘れると勝手に継続されてお金が掛かるので気を付けましょう。

どちらも無料体験期間中に解約した場合は料金が発生しません。

有料会員費のまとめ

プラン年あたり月あたり無料体験期間
年間プラン3,900円325円1ヶ月(30日)
月間プラン4,800円400円1ヶ月(30日)
学生プラン1,900円159円6ヶ月(180日)

Amazonプライム会員の特典

Amazonプライム会員になると特典として多数のメリットがあります。

いずれも紹介するサービスはプライム会員になるだけで利用ができますが、配送料以外のサービスだけを目的としての入会はあまりおすすめできません。

配送料以外では特にプライムビデオのサービスがおすすめですが、プライムビデオだけを目的とするならHuluなどの動画を専門としたサービスに入会する方がいいです。

あくまで複合することで破格な特典となっています。

個人的に便利、お得だと思っている特典から順番に紹介していきます。

1. 配送料が無料

配送料

安いネジ1本を購入しても送料が無料で使い放題となります。

また、2016年4月6日からプライム会員でない場合、2,000円以上の買い物は送料無料で2,000円未満の買い物は送料が350円になりました。(書籍、ギフト券は別)

2,000円未満の買い物を小まめにする人にとってAmazonプライム会員大きなメリットとなります。

お急ぎ便、お届け指定便が無料

通常会員ではお急ぎ便、お届け指定便を利用するだけでお金が発生しますが、プライム会員ならこれらの利用料はどれだけ使っても無料です。

・お急ぎ便:360円(税込)
・当日お急ぎ便:514(税込)
・お届け日指定便:360(税込)
※当日指定の場合は514円(税込)

通常会員でも当日お急ぎ便を使う場合は月間プラン」に加入するだけでお得になります。

2,000円未満の買い物をあまりしない人でも、お急ぎ便やお届け指定便を利用したいのなら「Amazonプライム会員」になった方がお得です。

最短1時間で届く(Prime now)

こちらは全国ではなく、一部地域でのみとなっています。

現在は東京・神奈川・千葉・大阪・兵庫の中で更に対象エリアのみ対応で対象エリアは今後拡大していくようです。

エリア内なら、自分で買いに行くよりも速いかもしれませんし、家から出れないけど緊急で欲しい場合に便利なサービスです。また、1時間配送の場合はプライム会員でも890円かかり、2時間配送だと配送料が無料になります。

対象エリアを調べる

2. 映画やTV番組が見放題(プライム・ビデオ)

プライム・ビデオ

映画や海外ドラマが充実していて、他にも日本のアニメやTV番組、映画も多く配信しています。

TVで放送中のアニメも配信するので見忘れた時にも便利ですし、とにかく豊富なラインナップです。

Amazonプライム限定配信の番組も面白いものが増えているので、これを見るだけのためにAmazonプライムに加入する価値があると思います。

プライム会員じゃないと1話100円~500円程の値段なのでこの特典だけでも簡単に元が取れてしまいますね。

映画やアニメなどの続編があるものはシリーズ全て配信したりするので、暇つぶしにはかなり使えます。

ストリーミング再生ではなく、端末にダウンロードしてオフラインでも視聴できますし、端末もスマホやタブレットを使って視聴できるので手軽に映画が見れます。

ただ、何でもかんでも見れるわけではない。あくまでプライムマークが付いているものだけです。プライムビデオに期待してプライム会員になろうとしてる人はまず、ラインナップを確認してみましょう。

プライムビデオのラインナップ

3. 音楽100万曲以上の楽曲やラジオが聞き放題(Prime music)

プライムミュージック

100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題に。

ジャンルは邦楽から洋楽、クラシックやジャズなど多くの曲があります。上半期ランキングやTVCMソング、J-POPヒッツ、ランニング用、勉強の時に聞きたい曲などのプレイリストがあるので適当にBGMをかけたいときにかなり便利です

特定のアーティストの楽曲を聴くというよりも、プレイリストをメインとして使うのがおすすめです。また、端末にダウンロードも出来るのでオフラインで再生も可能です。

WiFi環境でダウンロードして通勤や散歩、ランニング中にオフライン再生を使うことで通信容量の節約ができるのは嬉しい機能です。

ラインナップは他の音楽サービスに劣りますが、ちょっとした時にBGMが欲しいなーって時には便利です。

楽曲のラインナップ

4. 食品・日用品を安く買える(Amazonパントリー)

Amazonパントリー

食品・日用品を中心とした商品を1個から注文でき、ディスカウント価格で購入できるサービスです。

1箱で290円の手数料(送料込み)が発生しますが、対象商品を複数購入すると手数料が無料になります。

パントリーBOX(ダンボール)の使用率を見ながら最大で52×28×36の容量、または12kgまでの商品を入れることができます。また、無理にいっぱいにする必要はなく、注文した商品に合わせてダンボールの大きさも小さくなります。

何が便利なのかというと、ストックしておきたい日用品や食品をまとめて購入できることです。

もうすぐ無くなりそうな日用品や食品、買いだめ(ストック)しておきたいものがある時に自分で買い物にいって重たい荷物を運ぶのは面倒。

そんな時にAmazonパントリーなら手間が省けます。車も無い、お店も遠い人にとっては嬉しいサービスです。

しかも、キャンペーン商品を選べば10%OFFや手数料無料もあり、スーパーやドラッグストアに比べても料金に遜色ありません。

時間も気にしないし車で行くから色んな店を回るし荷物が重くても気にしない、という人にはあまり意味はないかもしれませんが、ガソリン代や手間を考えればAmazonパントリーは非常に楽です。家で待っていればいいだけ!

個人的にもよく使うサービスの一つで、必要なものがあったら先にAmazonでカートに入れてからスーパーとどっちが安いか見比べて買うこともできて便利です。

Amazonパントリー

5. プライム会員限定の先行セール

Amazonでは毎日タイムセールが行われています。

「Amazonプライム会員限定のセール」や「Amazonプライム会員なら30分速くアクセスできるセール」などが行われています。

Amazonでは度々破格なセールを行っているので、通常会員では購入が難しいお宝商品を安くゲットするチャンスが出来ます。

6. プライム会員なら読み放題(Prime Reading)

Amazonプライム会員なら追加料金なしで本や漫画、雑誌がKindle以外の端末やPCで読み放題になる「Prime Reading」

Amazonでは元々月額980円で読み放題になるKindle Unlimitedがありますが、これとは別のサービスです。

「Prime Reading」の表示があるタイトルを制限なしで読むことができますが、まだタイトル数は少ないのでこのサービスのために有料会員になるのはおすすめしません。

対象タイトルをチェックする

7. 毎月1冊のkindle本が無料で読める(Kindleオーナー ライブラリー)

電子書籍

小説やラノベ、漫画、自己啓発本等、ジャンルは豊富なので買うほどでもないけどちょっと読みたい的な使い方に便利です。

買うと1000円以上する本もあるので、月に1冊読むだけでも元が取れます

ただし、決して豊富なラインナップとは言えないので毎月1冊読みたいからプライム会員になるというのはおすすめしません。

注意点としては毎月無料で1冊手に入るわけではなく、貸出となるので前の月に借りた本の利用終了手続きをしてから次の本を借りる事になり、前の月に読んだ本の利用終了手続きをした後は読めません。

また、kindle端末が必要なため、購入する予定の無い人には使えないサービスです。ただし、プライム会員なら端末を4000円OFFで購入できるので、タブレット端末も安く手に入るのでお得なサービスと言えるでしょう。

Kindleオーナー ライブラリーで読めるタイトル

Kindle端末が4,000円引き

電子書籍リーダーのKindle(キンドル)端末を購入する予定がある人にとって大きなメリットとなります。

Amazonプライム会員になることで各種Kindle端末を4,000円引きで購入することができるため、これだけでも年会費の元を取ることができます。

また、無料体験期間中にKindle端末を4,000円引きで購入はできません。Amazonプライムの本会員になってからキャンペーンの対象となります。

8. 容量無制限のフォトストレージ(プライム・フォト)

写真ストレージサービスなので、写真撮りすぎて端末の容量がやばい!って人におすすめです。

ただこれはGoogleDriveなどの無料クラウドサービスで十分補えるので使う機会は少なそうです。Amazonプライム会員だと無制限で利用可能で、無料会員は5GBまでの制限になります。

プライム会員をいつか辞めるかもと考えている人は利用しない方が無難でしょう。

個人的には解約すると使えなくなるストレージよりも外付けHDD買ってそっちに保存する方が安心できる気がします。解約前に移動させるのも面倒ですし。

プライムフォト

9. おむつやおしりふきがいつでも15%OFF(Amazonファミリー)

Amazonファミリー

私は子供がいないので使う事はありませんが、いつでも15%OFFというのは世の奥様方には嬉しいですよね。

ファミリー会員限定のタイムセールもあり、ベビー用品を安く購入することができます。

Amazonファミリー

プライム会員になると得なの?

Amazonプライムの特典は細かくするともっとありますが、主だったものは紹介したものになります。

では、プライム会員になって得する人と損する人はどんな人でしょうか。

金銭面で言えば簡単なことですよね。Amazonを利用する頻度です。

1ヶ月に1回程度の頻度で2,000円未満の商品を購入するだけで元を取れます。

また、お急ぎ便や日時指定便を使う人も加入した方がお得ですし、マーケットプレイスで「prime」マークの商品を頻繁に購入する人も送料無料になるのは大きいメリットになります。

色々な特典はあるけどやっぱり配送料無料が最大のメリットではないでしょうか。Amazonで買い物はしないけど、プライムビデオや本の読み放題、プライムミュージックなどの特典を楽しみたい人は良く悩んでから決めましょう。

動画や音楽の特典だけに期待するなら他の専用サービスを使用する方が満足度が高いです。

入会の決め手
得する人は普段からAmazonで買い物をしてる人です。

Amazonでは過去の注文履歴を確認できるので、1年の利用頻度から考えてプライム会員になることをおすすめします。

私は年に20回以上2,000円未満の買い物を頻繁にしていました。Amazonプライムに加入するか長く悩んでいましたが、よくよく考えてみるとプライム会員にならない理由が無かったのです。

損をする人はAmazonの利用頻度が高いのにプライム会員にならない人です。

Amazonを月に1回以上利用する人ならAmazonプライムの会員になってデメリットは無いと思っていいでしょう。

プライム会員になってからは配送料を気にしなくて済むので、ちょっとした買い物が手軽にできて本当に楽です。

気になる人は「Amazonプライム無料体験期間」から

Amazonプライム会員なら30日間、学生プランの「Amazon Student」なら180日間の「無料体験」ができます。まずは無料で様子見して、自分にとってメリットはあるのかを確認しましょう。

この無料体験で気を付けたいのは、やっぱりプライム会員ならなくていいや、となった時に自分で解約する必要があります

※設定で無料期間終了後に自動で解約することもできます

解約しないと自動で年会費が引き落とされ、気づかない人は延々とそのままになるので気をつけましょう。

忘れてて無料期間を過ぎてしまった人は「Amazonカスタマーサービス」に連絡しましょう。

数ヶ月契約を残した状態で解約しても残りの期間分を返金してくれたりと、良心的なサービスなので安心してください。

Amazonプライムの無料体験

スポンサーリンク

シェアする