【グラブル】召喚石の上限解放ができるアイテムやタイミング【攻略】

グラブル』で戦力強化に欠かせないことの1つが召喚石の『上限解放』です。

上限解放する為には同じ召喚石か上限解放ができるアイテムが必要になります。

同じものを揃えるのも大変ですが、上限解放用のアイテムを集めるのも大変です。

特に高レアリティのもは上限解放が難しいですが、解放することで戦力が上がるので伸び悩んでいる時には解放しておきたいですね。

武器とは違いメイン召喚石が最も重要になるので武器程多く育てる必要はありません。

ここではレアリティ毎の最大Lvや上限解放に必要なアイテムの入手方法、上限解放をするタイミングなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク

上限解放するとどうなる?

召喚石の上限解放はLv上限値が上がるだけではなく、最大まで上限解放をすることで加護の効果がアップします。

50%の効果が80%になったりとかなり強力になります。

ただ、1回や2回の上限解放ではLvの上限値が変わってHPと攻撃力を上げることができるだけなので、3段階上限解放しなければ効果は薄いです。

3段階の次の最終上限解放もありますが、今のところ一部のSSRだけになっています。

最終上限解放についてはまた別のページで紹介します。

最終上限解放ができるもの以外は3回まで解放可能になっています。

上限解放

上限解放ができない場合

同じ召喚石や素材が揃ってるのに上限解放出来ない!という場合は以下のことを確認しましょう。

・編成で召喚石を装備している
・素材となる召喚石を保護している

召喚石の最大Lv

召喚石の最大レベルはレアリティや上限解放した回数で変わります。

スポンサーリンク

N召喚石

上限解放回数MAXLv
上限解放0回10
上限解放1回20
上限解放2回30
上限解放3回40

R召喚石

上限解放回数MAXLv
上限解放0回20
上限解放1回30
上限解放2回40
上限解放3回50

SR召喚石

上限解放回数MAXLv
上限解放0回30
上限解放1回45
上限解放2回60
上限解放3回75

SSR召喚石

上限解放回数MAXLv
上限解放0回40
上限解放1回60
上限解放2回80
上限解放3回100
最終上限解放150

召喚石の上限解放

基本的な上限解放の方法は同じ召喚石を素材とすることです。

召喚石の上限解放はLvMAXじゃなくても可能で、必要な素材があればいつでもできます。

Lv1とLvMAXのどっちのタイミングで上限解放しても基本ステータスの変化はありません。

Lvを上げた召喚石を上限解放した場合はそのLvを引き継ぐので、上限解放する場合はLvの高い召喚石をベースにしましょう。

R召喚石までの上限解放アイテム

輝晶

アイテム:輝晶
入手方法:カジノでコイン30000枚と交換

SR武器の上限解放アイテム

月光晶

アイテム:月光晶
入手方法:カジノでコイン1000000枚と交換

SSR召喚石までの上限解放アイテム

金剛晶

アイテム:金剛晶
入手方法:イベントの「決戦!星の古戦場」の交換報酬

最終上限解放とは

特定のSSR召喚石のみ「最終上限解放」が可能で、今後のアップデートで増えていく。

解放には同じ召喚石ではなく、それぞれ必要な素材を集めることで解放できます。

最終上限解放することで召喚効果がアップしたり別の効果が追加されたりする。

上限解放するタイミング

Lvに関係なく上限解放は可能ですが、素材が手に入ってすぐに解放するというのはちょっと待った方がいい場合があります。

・召喚石が全然揃っていない場合は戦力の増加の為に解放しないで装備した方が戦力アップに繋がります。

・召喚効果が強力な召喚石なら複数装備しておくことでバトルを有利に進めることができるので解放しないのもあり。

・最大まで上限解放すると加護が強化されるのでメイン召喚石を最大まで解放できる状態なら解放した方がいい場合もある。

以上のことを踏まえて自身の戦力と持っている召喚石から考えて上限解放していきましょう。

オススメのゲームを紹介!

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくてキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする