【iOS10】iPhone/iPadのロック画面でウィジェットを表示させない方法

ロック中に操作させないようにする

iOS10では右にスワイプ(左にスライド)でロック画面中でもウィジェットが表示されます。

必要のないウィジェットは編集から消すことが可能です。

しかし、ウィジェットは使いたい、でもロック画面では表示させたくないといった場合があります。

人に覗き見られても良いようにパスコードは掛けてるけど、ウィジェットを見られると困る。でも便利な機能だし使いたい・・

そんな時はロック中はウィジェットを見れなくして、ロックを解除すると見れる設定に変えましょう。

できればロック画面でも操作したいですが、見られて困る場合はしょうがないですよね。

スポンサーリンク

ロック状態の画面でウィジェットを非表示にする方法

ロック画面では右にスワイプ(左にスライド)自体ができなくなりますが、逆の操作で起動するカメラは使えます。

「設定」→「Touch IDとパスコード」を選択します。

パスコード

パスコードをオンにする必要があるので、オフの人は「パスコードをオンにする」をタップして変更してください。

下にスクロールして「ロック中にアクセスを許可」にある「今日の表示」をオフにします。

今日の表示

これでロック状態の画面だと右にスワイプ(左にスライド)自体ができなくなり、ウィジェットを見られなくなります。

スポンサーリンク

「通知の表示」「Siri」「メッセージで返信」

「通知の表示」「Siri」「メッセージで返信」もそれぞれ変更ができます。

「通知の表示」をオフにすると、ロック画面で上からのスワイプで表示させる通知センターが無効になります。

「Siri」をオフにすると、ロック画面での「Hey Siri」が使えなくなります。

「メッセージで返信」をオフにするとロック画面での返信操作ができなくなります。

ロック状態の画面でコントロールセンターを表示させない

ロック画面でのコールセンターもスワイプ操作で呼び出さないようにできます。

「設定」→「コントロールセンター」→「ロック画面でのアクセス」をオフにします。

コントロールセンターを非表示にする

コントロールセンターは友達にイジられて無駄にWi-Fiをオフにされたりする可能性があります。おかげで気づいたら通信制限に引っかかってた・・なんてことにならないように対策しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする