【シャドウバース】リーダーによって編成できるデッキは違う【クラス】

shadowverse

『シャドウバース(シャドバ)』はリーダーによって組めるデッキが違います。

この記事では、リーダー毎に組めるデッキやちょこっと触った感触を紹介しています。

スポンサーリンク

リーダーとクラス

リーダーと呼ばれるのは以下の7キャラクターです。

・アリサ
・エリカ
・イザベル
・ローウェン
・ルナ
・ユリアス
・イリス

ソシャゲに良くあるリーダースキルといった効果は無く、編成できるクラスが違います。

クラスの種類は以下の通りです。

・ニュートラル
・エルフ
・ロイヤル
・ウィッチ
・ドラゴン
・ネクロマンサー
・ヴァンパイア
・ビショップ

また、ニュートラルクラスだけはどのクラスでも編成可能です。

リーダーによって編成できるクラスと特徴

スポンサーリンク

アリサ:エルフクラス

デッキに編成できるクラスは「エルフ」と「ニュートラル」

コストの低い「フェアリー」フォロワーカードを手札に加えやすいデッキで、フェアリーを場に出すことでボーナスを得ながら戦っていくスタイルが主体です。

自身のカードを手札に戻したり、相手のカードを戻したりとリズムを崩して戦っていくことができる。

攻撃が低いカードが多いので早期決着を目指したい。

エリカ:ロイヤルクラス

デッキに編成できるクラスは「ロイヤル」と「ニュートラル」

1/1の「ナイト」などのフォロワーを追加召喚できるカードが多く、1枚場に出すだけで複数のフォロワーを出すことができる。

「指揮官」と「兵士」といったタイプを持っていて、指揮官を場に出すと兵士が強化される。

数で押しながら強化していく戦術。

イザベル:ウィッチクラス

デッキに編成できるクラスは「ウィッチ」と「ニュートラル」

スペルブーストの能力を持つカードで戦っていく。スペルをプレイすることでスペルブーストを持つカードのコストが下がったり与えるダメージが上がるなどの効果があります。

スペルブーストが貯まってくる中盤までは耐える必要がある。

ローウェン:ドラゴンクラス

デッキに編成できるクラスは「ドラゴン」と「ニュートラル」

序盤からPP(プレイポイント)を増やす能力がある。

相手より早くコストの大きいカードを出せるようになり、カード自体も攻撃、体力共に大きい。

PPを増やすまでは守護カードで守ってか、中盤以降はパワーで押し切る感じ。

ルナ:ネクロマンサークラス

デッキに編成できるクラスは「ネクロマンサー」と「ニュートラル」

墓場を消費して効果を発揮する「ネクロマンス」能力が特徴

墓場に行ったカードの数によってフォロワーカードの攻撃力を上げたり、倒されることで相手リーダーに攻撃するなどができる。

墓場の数を増やしたり、倒すことで相手にデメリットを押し付けてくる。

特に序盤、ルールを覚えてない内はわからん殺しができる。

ユリアス:ヴァンパイアクラス

デッキに編成できるクラスは「ヴァンパイア」と「ニュートラル」

自身のリーダーにダメージを与える代わりに強力な能力を持つカードが多い。

「復讐」能力を持つカードが多く、自分のリーダーの体力が10以下になると様々な効果を得ることが出来る。

体力が低い状態で戦う事が多くなるため、相手からのリーダーへの攻撃をドレインや回復で耐える必要がある。

復讐状態を維持するのが難しいので初心者には向かないイメージ。

イリス:ビショップクラス

デッキに編成できるクラスは「ビショップ」と「ニュートラル」

「カウントダウン」能力を持つアミュレットカードが特徴で、0になると元のカードコスト以上に強力なカードを召喚する。

カウントを進めるカードや一気に0にする「破壊」などがあり、カウントを如何に早く0にするかが勝負どころ。

守護カードなどを上手く使わないと何もできずに倒されてしまう。

コストが大きいカードが多いので中盤からが勝負どころとなり、それまで如何にダメージを抑えるかが肝だと思う。

オススメのゲームを紹介!

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくてキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする