iPhone・AndroidスマホでPCと同じ表示でWebページを開く方法

スマホでPCと同じ表示にする方法

iPhoneやAndroidのスマホやタブレットは通常、Webページを開くとスマホ向けになります。

それで特に問題ないのですが、Twitterのようにアプリ版を自動的に開いたり、スマホではできない設定がPC向けのWebページではできる場合があります。

パソコンを持っていないけどスマホは持っている。そういった人は困る場合があります。

PC版ではできるのにスマホ版ではできない使い方がある・・

そんな煩わしさがありますが、実は簡単にスマホでもPC版のWebページ(パソコンで見る時と同じ表示)を開くことができます。

スポンサーリンク

iPhone・AndroidスマホでPC向けのWebページを開く方法

サイトによってはうまく切り替わらない場合もあります。

スマホのサイズによっては横向きにすることで上手く表示がPC向けに切り替わったりします。

見た目だけが切り替わってないだけで内部的にはPC向けとなっています。

PC版Webページでしか設定できないような項目がある場合に利用してみてください。

iPhone・Android共に新しいタブを開くとスマホ向けWebページに戻りますが、PC版Webページでリンクを新しいタブで開く場合はPC版Webページで開けます。

アプリ版では制限の多いTwitterで説明していきます。

スポンサーリンク

iPhoneでPC版Webページを開く方法

まずはいつも通りの方法でSafariを使って「Twitter」を検索します。

このままTwitterのページをクリックしてもアプリが開くので、四角マークに上矢印が付いている「共有ボタン」をタップします。

iPhoneでデスクトップ表示にする方法

右にスライドすると「デスクトップ用サイトを表示」のアイコンがあるのでタップします。

PCと同じ表示にさせる

これでSafariがPC版Webページを表示するようになりました。

Web向けの表示

あとはTwitterをタップするとWeb版が開けます。

PC画面と同じように

AndroidでPC版Webページを開く方法

Chromeでいつも通り「Twitter」を検索します。

検索する前に設定してもOKです。

右上の「設定」タブをタップします。

AndroidでPCと同じ表示にする方法

「PC版サイトを見る」をタップします。横の四角にチェックマークが入っていると今PC版表示してます。ということになります。

AndroidでPC版サイトを表示する

これでPC版の表示になります。

PC版にする方法

スマホ向けに戻す場合は同じ方法でチェックマークを外せばOKです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする