Twitterでタイムラインに出てくる広告(プロモーションツイート)を消す方法

Twitterでフォロワーのツイートを見てる時に邪魔してくるのが「広告(プロモーションツイート)」です。

興味がある広告なら構わないんですけどね。

中には全く興味もなく、見るのも不快な広告もあってウザいと感じる人も多いかと思います。

Twitterは無料サービスなので、広告はしょうがないものですが。邪魔なものは邪魔です。

全部を消すでもいいですが、Twitterを使っている身としては全部ではなく、自分が必要ない広告だけを消して使いやすくしていきたいですね。

この記事では、Twitterのタイムラインに表示される広告を削除・非表示にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

Twitterのプロモツイートを削除・非表示する方法

タイムラインに出てくる広告(プロモツイート)はマウスを合わせると下に「非表示にする」が出てきます。

「プロモーション」の右側ですね。

Twitter広告の消し方

単純に非表示にするをクリックすると非表示にはなりますが。結局あとで同じ広告が表示されることになり、あまり意味はないかと重います。

プロモツイートは広告を出稿しているTwitterアカウントによるものです。

Twitterにお金を支払って広告を出して、Twitter利用者のタイムラインに表示させています。

フォローしていなくても表示されるだけで、普通のツイートであり、普通のアカウントです。

広告をツイートしているアカウントをブロックしてしまえば、ブロック解除しない限り、そのアカウントが出す広告は表示されなくなります。

ブロックの方法は通常のアカウントをブロックするのと同じです。

「・・・」をクリックして「ブロック」をクリックするだけです。

広告をブロックする

ブロックをクリックするとブロックするかの確認が表示されます。勿論「ブロック」をクリックです。

プロモツイートとは

以上でブロックが完了です。これで同じアカウントからの広告は表示されません。

広告を一気に全部表示させないということはできませんし、Twitterが無くなってしまう可能性があります。適度にブロックしましょう。

広告のブロックは手間ですが、表示されて気に入らない広告をその都度ブロックしていく必要があります。

iPhoneやAndroidなど、スマホ・タブレットでも方法は同じです。ただ、広告を出しているアカウントページまで移動してからブロックする必要があるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

非表示にした広告アカウントを再表示させるには

滅多にないと思いますが、非表示にしたアカウントの広告を再表示させる方法はブロックの解除をするだけです。

「プロフィールと設定」→「ブロックしたアカウント」に移動すると自分がブロックしているアカウントが表示されます。

ここで「ブロック中」にマウスを持って行くと「ブロック解除」となるのでクリックするだけです。

PCだと「プロフィールと設定」は右上の自分のアイコン画像です。

アイコン

スマホからだと「歯車アイコン」→「設定」→「プライバシーとセキュリティ」→「ブロックしたアカウント」から確認、解除が可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする