Windows10の無償期間が終わってもアップグレードする方法

Windows10を無料でインストールする方法

一般向けのWindows10無償アップグレードは7月29日に終了しました。

しかし、「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレード」によって無償期間が終わっても「Windows 7/8.1ユーザー」は無料でWindows10へアップグレードが可能です。

スポンサーリンク

Windows10を無料でインストールする方法

特別な条件は必要なく「Windows7/8.1のライセンス認証が出来ている人」は誰でもできます。

まずはこちらの「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 アップグレード」ページへ行って「今すぐアップグレード」をクリックして実行ファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行して実行していくだけです。

特に難しいモノはないので誰でも簡単にアップグレードができます。

また、自分のPCが対応してるかのチェックも自動でやってくれるため、取り敢えず実行してみるといいでしょう。ダメなら互換性がないと言われます。

スポンサーリンク

支援技術製品を利用していなくてもできる

支援技術製品を利用しているユーザー向けですが、特にチェックをしているわけでもなさそうなので、実質誰でもOKとなっています。

また、終了予定日は今のところ発表されていませんが、終了する前には発表するとのことです。

Windows10の無償期間を逃した人

自動アップグレードに怒りを感じて頑なに拒む人もいるかもしれませんが、PCに互換性があればアップグレードした方がいいと言えます。

会社で使うようなPCはソフトとの互換性もあるので、しないほうがいい場合も多いかもしれませんけどね。

プライベートPCなら特にWindows8~8.1を使っている人はアップグレードした方がいいです。スタート画面の有る無しはやっぱり全然違います。

アップグレード無償期間に間に合わなかったという人は試してみるといいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする