Windows10でデスクトップにアイコンの追加と見た目を変更する方法

Windows10

OSアップグレードで以前の状態を保ちながら入れたなら前と同じアイコンが並んでいますが、

Windows10をクリーンインストールした直後はゴミ箱だけがデスクトップにあります。

マイコンピューター(PC)を毎回スタートメニューから開いていた人は探すのが面倒で、少々扱いづらくなってしまうことも・・

また、ゴミ箱アイコンがかなりダサいのでアイコンの見た目も変更したくなりました。

この記事では、マイコンピューターやコントロールパネルなど、使用頻度の高い機能へのアクセスを楽にするため、デスクトップへのアイコンの追加方法や見た目の変更方法を紹介します。

スポンサーリンク

デスクトップへ「マイコンピューター」などのアイコンを追加・表示させる方法

「マイコンピューター」は現在、「コンピューター」「PC」となっています。

アップグレード前は比較的簡単に開くことが出来たのでアイコンを作って置かなかった人も多いかと思います。

Windows10ではスタートメニューを開いて「エクスプローラー」→「PC」と選択するとアクセス可能ですが、PCに関して知識がない人はマイコンピューターどこにあるの?と困る人も多いかと思います。

マイコンピューターやコントロールパネルなど、使用する機会が多い機能はデスクトップへショートカットアイコンを作成して便利に使っていきましょう。

スポンサーリンク

デスクトップアイコンの設定方法

デスクトップの何もない場所で右クリックして「個人設定」を開きます。

個人設定

「テーマ」を選択して「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。

デスクトップアイコン

「デスクトップアイコンの設定」ウィンドウが開くので、デスクトップに表示させたいアイコンにチェックを入れて「OK」をクリックします。

アイコンの変更方法

使用頻度の高い「PC」「ゴミ箱」「コントロールパネル」はデスクトップにアイコンを作った方が便利です。

アイコンの変更方法

まずはアイコンに設定したい画像を探してきます。

今回はゴミ箱アイコンを変更するので、検索で「ゴミ箱 アイコン 変更」とかで検索して画像を探します。

もしくは自作。

ゴミ箱アイコンは他のアイコンと違い、空状態といっぱい状態のアイコンが2つ必要です。

面倒なら両方共1個の画像を使ってOKです。

アイコンの変更方法は上で紹介した「デスクトップアイコンの設定」ウィンドウから行います。

「アイコンの変更」をクリックして画像を選びます。

自作の場合、アイコン画像はBMP形式で画像を保存して拡張子を「.ico」にします。

アイコンの変更方法

デフォルトで表示されるのはWindowsで最初から持っている画像です。自分で探した・自作した画像を使いたい場合は「参照」をクリックして画像ファイルを選んでください。

参照

変更したい画像ファイルがあるファイルを選択して開くをクリックします。

アイコンの選択

下の一覧からアイコンを選択から変更したいアイコンを選んで「OK」をクリックします。

消えたアイコン

同じ手順でゴミ箱の場合は「いっぱい」と「空」を変更させます。

変更ができたら「OK」をクリックします。

変更できた

デスクトップ画面を確認してアイコンが変更されているのか見てみましょう。

以上がアイコンを変更する方法です。

やりだすとキリがないカスタマイズ

こういったカスタマイズはやりだすとキリがないんですよね。

ひたすらPCをかっこ良くしようと弄り倒した日が懐かしい・・

結局シンプルが一番ええな、と初期化させたのはいい思い出です。

懲りすぎて使いもしないウィジェットを入れたりマウスに変なアクションさせたり、ハイスペックPCなら問題ないけど適当なPCだと動作が重くなる原因です。

やり過ぎには気をつけましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする