【Win10】Windowsアップデートで自動的に再起動させない方法や無効化の設定

Windows10では毎日Windowsアップデートが自動更新されます。

手動でインストールすることもできますが、問題はそこではないですね。

「更新プログラムのインストール方法を選ぶ」ではデフォルトが自動(推奨)となっていますが、このままだと再起動が必要なアップデートが行われた場合、自動的に再起動を行います。

自動で再起動されては困りますよね。私の場合、参考にしたいサイトを開きっぱなしにしたり、メモに必要な事を残してそのまま寝たりするわけです。

メモに書いたことは次の日に消化するので保存もしてません。これで再起動されてはたまったものじゃない・・!

ということで、WindowsUpdateで再起動を自動でしない設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows10でWindowsupdate時に自動で再起動させない方法

Winアイコンをクリックして「スタート」⇒「設定」を選択します。

手動更新にする方法

「更新とセキュリティ」をクリックします。

セキュリティ

デフォルトで「Windows update」画面が表示されています。

「詳細オプション」をクリックします。

ウィンドウズアップデート

デフォルトで「自動(推奨)」になっているので、「再起動の日時を設定するように通知する」に変更しましょう。

アップデートしたくない

以上でWindows update時に自動で再起動しない設定が完了です。

ただし、最大1週間までのようです。1週間以内に必ず再起動する必要があります。

スポンサーリンク

自動(推奨)で再起動されるタイミング

「自動」で再起動されるタイミングですが、デバイスが使用されていない時をWindows側で判断して再起動を行います。

大体ですが10分~20分ほど放置すると再起動し始めるようです。

ちょっとお風呂入ろうとか、コンビニ行こうという時には気を付けた方がいいですね。

Pro版とHome版では違う

Windows10のPro版とEnterprise版だと「インストールの前に通知する」や「更新プログラムを確認しない」を選択する方法があります。

Home版では使えません。

簡単に紹介すると、「Win+Rキー」⇒「gpedit.msc」と入力します。

ローカルポリシーエディターが火r買うので、「コンピューターの構成」⇒「管理用テンプレート」「Windowsコンポーネント」⇒「Windows update」⇒「自動更新を構成する」を右クリック⇒「有効」を選択して「オプション」から希望する項目を選択して「OK」をクリックします。

コマンドプロンプトを開いて「gpupdate /force」を入力後にEnterキーを押して完了です。

無効にして完全に自分の好きなタイミングでアップデートを行ったり、ダウンロード後に通知をするようにすることもできます。

Home版のでWindows updateを無効・手動にしたい場合

一応Home版でも止める方法があります。

「ctrl+alt+delete」キーを同時押しして「タスクマネージャー」を開きます。

上部タブから「サービス」を選択して「サービス管理ツールを開く」を選択します。

タスクキル

「Windows update」を探してダブルクリックします。

無効にする

サービスの状態を停止にして、「スタートアップの種類」で好きなモノを選びましょう。

セキュリティの虚弱

「自動・手動・無効」がありますが、変更する場合は同じ手順で変える必要があります。

セキュリティの為にもたまに更新することをおすすめします。

アップデートの内容次第では、この設定がデフォルトに戻る可能性もあるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする