Amazonのあわせ買い対象商品とは|買い方はプライム・通常会員でも同じ

スポンサーリンク

amazon

この記事ではAmazonのあわせ買い対象商品の買い方や注意点について紹介しています。

あわせ買い対象商品とは

Amazonの低価格帯の商品の中に「あわせ買い対象商品」といった表示が付いているものがあります。

あわせ買い対象商品

あわせ買い対象商品はそれ単体では購入することができません。

購入する条件は「Amazon.co.jp」が発送する商品の合計を2,000円以上となっています。

あわせ買い対象商品をあわせて2,000円以上でも構いませんし、あわせ買い対象商品+非対象の商品の組み合わせでも購入することができます。

あわせ買い対象商品の買い方

あわせ買い対象商品の買い方は「Amazon.co.jp」が発送する商品の合計が2,000円以上になっていれば普段通りに購入することができます。

また、プライム会員と通常会員であわせ買い対象による差はありません。プライム会員でもあわせ買い商品を単品で購入することはできません。

購入する商品の発送先をしっかり確認するようにしましょう。

発送元

Amazonマーケットプレイスの商品はあわせ買い対象外ですし、プライム会員でも基本的に配送料が発生します。

スポンサーリンク

あわせ買い対象商品購入時の注意点

あわせ買い対象商品+非対象の商品を購入する時、レジに進むと2,000円以下の場合は非対象の商品だけを注文することができます。

注文を確定しなければ問題ありませんが、間違わない様に気をつけましょう。

プライム会員以外の人は2,000円以上の買い物で配送料が無料になるので、確認し忘れると2,000円未満の買い物になって無駄に配送料が掛かることになります。

2,000円以下の状態でレジに進んだ場合、カートに戻るとあわせ買い対象商品はカートから外れて「あとで買う」に移動します。

あとで買う

購入するにはカートに戻す必要があります。

2,000円になってなかったと思って商品を追加して購入したらカートに戻し忘れてあわせ買い対象商品を買い忘れたなんてこともあるので気をつけましょう。

また、Amazon定期おトク便を利用して定期購入されている商品の金額は、あわせ買い対象商品の購入条件となる2,000円には含まれません。

まとめ

プライム会員は元々無料ですし、当日お急ぎ便、お急ぎ便、お届け日時指定便を無料で使うことができます。

通常会員なら2,000円以上で配送料無料なので、基本的に2,000円以上になるように調整すると思うのであまり気にする必要は無いと思います。

買い方も以下の2通りで簡単ですね。

・あわせ買い対象商品のみ
・あわせ買い対象商品+その他のAmazon.co.jpが発送する商品

2,000円未満でレジに進んであとで買うに移動することにだけ気をつければ問題はないでしょう。

通常会員の人で2,000円未満の買い物をしたいけど、無理やり2,000円以上にしている人は2,000円未満でも配送料が無料になるプライム会員になることを考えてみてはどうでしょうか。

Amazonプライム会員は利点がやばい!特典や料金プラン、メリットデメリットを解説!
Amazonプライム会員のメリットとデメリット、どんな人が登録するとお得なのか紹介しています。

コメント