Wi-Fi経由でPC・スマホ・タブレット間のファイルを転送できる「AirMore」の使い方

iOSやMacなら「AirDrop」といった便利なものがありますが、これはiPhone、iPadなど、Apple製品間でしか利用できません。

私の場合、WindowsPCでブログを編集する時に使う画像を端末からPCに転送する時、Googleドライブを利用していました。しかし、転送に時間がかかったり、上手くやりとりできない事もあってストレスが溜まること溜ること…

そこで、iPhone・Android・Windows・Mac間でもWi-Fi経由でファイルを高速転送できる「AirMore」を使ってみたら思いの外便利だったので、使い方などを紹介していきます。

スポンサーリンク

「AirMore」の使い方

スマホ・タブレットにはアプリをインストールする必要があります。

AirMore - 無線で写真・動画をパソコンに簡単に転送します

AirMore – 無線で写真・動画をパソコンに簡単に転送します
 無料 
posted with アプリーチ

PCはブラウザで「airmore.net」にアクセスします。

アクセスするとQRコードが表示されるので、端末で読み込みます。

AirMore

パソコンに接続完了と表示が出ます。

接続

PCのブラウザ上に端末の情報が表示されます。

使い方

転送スピードは流石にAirDropよりも遅いですが、端末との同期はかなり速く、PCの画面で画像や動画、音楽、ドキュメントのやり取りができます。

スポンサーリンク

使い方

基本的にブラウザ上で全て操作することになります。左側にファイルや画像アイコンがあるのでクリックして移動しましょう。

移動

PCからファイルや写真などを端末に写したい場合は、転送したいフォルダを選択してからブラウザ上にドラッグ&ドロップでOKです。

端末からPCに送る場合もブラウザ上で操作します。

PCに移したい画像を選択してダウンロードアイコンをクリックしたり、複数選択して「エクスポート」をクリックでもOKです。

画像

また、ファイルごとの移動も選べます。

iPhoneの場合はZIPファイルやPDFなどをPCから転送した場合、AirMoreアプリ内で確認もできますし、他のアプリに移すことも可能です。

iPhoneはPCから転送する時に「ファイル」ではなく「ドキュメント」や「画像」「音楽」「動画」をしっかり選んで転送しましょう。

iPhoneはPCからの転送時、ファイルに転送すると読み込めなかったので気をつけましょう。

まとめ

スマホで画像や動画を削除するのが面倒な時にも、PC画面で作業できるので便利です。

また、アプリの管理やZIPファイルの中身を見たりと、プレビュー機能も使えます。

特にWindowsとスマホ・タブレット端末間でのデータのやり取りをする場合に便利!

MacとiOS間ならAirDropで十分ですけどね。

スポンサーリンク

シェアする