【クラロワ】プリンスの使い方と対策【倒し方】

プリンス

『クラッシュロワイヤル』のスーパーレア(SR)「プリンス」

序盤ではプリンスを倒せない!と悩んでる人も多いようですね。

馬に乗って突き進んでくる騎士のユニットで、攻撃が高く非常に優秀なユニットです。

プリンスの使い方や対策(倒し方)を紹介していきます。

スポンサーリンク

プリンスのステータス

プリンス

プリンスが走り出すと突撃中となり、攻撃力が2倍と強力なダメージを出します。

入手方法:全ての宝箱から入手可能で、フリーチェストからも出ます。

レア度スーパーレア
タイプユニット
エリクサーコスト5
攻撃速度1.5秒
攻撃目標地上
移動速度ふつう
射程2.5
配置時間1秒

スポンサーリンク

プリンスのレベルごとのステータス

レベルヒットポイント1撃ダメージ突撃中ダメージダメージ(毎秒)
11100220440146
21210242484161
31331266532177
41463292584194
51609321642214
61760352704234
71936387774258
82123424848282

プリンスの使い方

攻撃力が高めで序盤から終盤まで使える優秀なキャラです。

特に突撃中のダメージが高く、相手のタワーやHPの多いユニットに突撃できれば有利に進めていけます。

突撃状態になるまで若干の助走が必要になるので、ある程度タワーと距離のある場所に配置するようにしましょう。

地上のみ攻撃なので、空中ユニットを同時に配置するのも効果的です。

タワーよりもユニットを優先して狙うため、相手にプリンスを誘導されやすいので注意しましょう。

相性のいい敵は単体の地上ユニット、建物になります。

足を止めての殴り合いでは負ける可能性もあるため、単騎で出すよりもまず壁として別のユニットを配してしてその後ろからプリンスを突撃するように出すと相手に強力なダメージを与えることができます。

複数ユニットには足止めされてしまうため、「矢の雨」などの範囲攻撃カードをデッキに入れるのも効果的です。

プリンスの対策(倒し方)

プリンスは空中に攻撃できないので、ガーゴイルやベビードラゴンなどの空中ユニットや複数ユニットが有効です。

スケルトンやゴブリンの複数ユニット、墓石を使うといいでしょう。

しかし、空中ユニットだけを配置するとプリンスは無視して突撃しながら地上ユニットか建物に向かって行くので、コストの低いスケルトンやゴブリンを壁役として配置するようにしましょう。

プリンスがこちらもユニットを配置できる場所に出されたら走り出す前にユニットを近くに出して足を止めさせるようにします。

また、ユニットを優先的に狙うためタワーとは逆に地上ユニットを配置することでプリンスを明後日の方向へ誘導して、その間に体制を立て直すなどすると効果的です。

攻撃力が高いので、ジャイアントなどのHPが高いユニットを盾役として後ろからコストの低いゴブリン等で対策しましょう。

オススメのゲームを紹介!

スマホゲームとして最高レベルのグラフィックが魅力的なスタイリッシュアクションRPG「HIT」

オート機能もあり、オート中にプレイヤーがスキルの発動や移動もできるため、アクションとして操作性もよくストレス無く遊べます。

オート機能でアクションが苦手でも楽しみやすいゲームですが、友達と一緒に協力して挑戦できるレイドボスやPvPもあり、アクション好きにも楽しめる要素が多く備わっています。

全世界1300万DLも頷ける、オススメのスマホゲームです。

>>HIT<<

タクティクスRPGでPT編成など、策略を考えるのが面白い「誰ガ為のアルケミスト」

ストーリー、BGM、グラフィックもクオリティが高く、リリース初期の酷さを大幅に改善した良作となっています。

リリース当初とは違い、無課金でもガチャを回しやすくキャラの育成も楽に、気に入ったキャラを最大まで育てやすくなっています。

クエストの難易度も程よく、ハードクエストになると単純に強いキャラでオート機能を使うだけではクリアできません。タクティクスらしい、地形を生かした戦略性のあるバトルが楽しめ、特にキャラの育成が好きな人にオススメです。

>>誰ガ為のアルケミスト<<

新作のスマホゲーム!

釣り+RPGが融合した新しいジャンルの「フィッシュアイランド2」

タイミングに合わせてタップするリズムゲームスタイルで魚を釣り上げる!簡単操作で釣れるまでの待ち時間もない新たな釣りゲー!

アバター要素も強く、着せ替え好きな人にもおすすめです。釣った魚は水槽にいれて鑑賞できたり、ストーリーはフルボイス、最大4人での同時対戦バトルなど、釣りゲーとは思えないクオリティが楽しめます。

>>フィッシュアイランド2<<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする