【iPhone・iPad】日本に無い海外のアプリをダウンロードする方法

iPhone・iPadで日本のApp Storeに無いアプリやスマホゲームをダウンロードしたい!

日本で対応してないアプリを無性に欲しくなる時があります。大体そのうち日本版が出てきたりするのですが、その前に端末に入れて少し触ってみたくなります。

海外のアプリなので、当然アプリを入れても日本語ではありませんが…

この記事では、海外のアプリをiPhone・iPadでダウンロード、インストールする方法を紹介しています。

※自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

日本でリリースされてないアプリをダウンロードする2つの方法

普通はしないので気にも止めないですが、App Storeに登録している住所などの情報が日本になっているのでダウンロードできません。

海外のアプリをダウンロードする方法としては二通りあります。

・Apple IDの国だけ変更
・海外用の新規Apple IDを作成

Apple IDの国を変更する方法

日本のApple IDをそのまま使用する方法で、サインアウトなどはせず、国を変更する方法です。

しかし、この方法には問題があります。

iTunesカードに残高がある場合はAppleサポートに電話して残高を0円にしてもらわなければいけません。電話するのも面倒だし残高が0円になるのも困ります。

残高が元から0円ならこの方法が手っ取り早いですが…

残高を確認する方法ですが、「App Store」を開いて一番下までスクロールすると、クレジットが確認できます。

残高の確認

ここが0円なら、国だけ変更する方法で簡単にできます。

「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「Apple IDを表示」を選択します。

Apple IDを表示

サインインを促される場合はパスワードを入力してサインインしてください。

「国または地域名」を選択します。

国または地域名

クレジットが残っている場合はここまでしか進めません。Storeを変更する前に全部使ってくださいと表示されます。

全部使いきれる人は使い切った方が簡単です。私は残高があったので、新規アカウントを日本で作って国を変更してみました。

問題なければ国を選択後、住所を変更する必要があります。入力する箇所は適当で大丈夫なはずです。ダメなら適当にその国のホテルの住所などを使ってください。

新規アカウントを作る

アップデートしたり、またアプリをダウンロードしたくなった場合にサインアウトしてメールアドレスとパスワードを入力するだけで済みます。

私は中国のスマホゲームをダウンロードしたいので画像は一部中国語になりますが、言語が違うだけでタップする箇所は同じです。

新しくApple IDを作るのでメールアドレスもGmail等で作っておきます。

新しく作る際、国を中国にすると英語よりも意味が分からなくて面倒なため、まずは国を日本にして作成し、新しいApple ID作成後に国を中国に変更します。

「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「サインアウト」を選択します。

サインアウト

元のIDを忘れないようにしましょう。

「App Store」を開いて適当に無料アプリを選択して「入手」→「インストール」→「Apple IDを新規作成」を選択します。(クレジットカード入力情報で「なし」を表示する為)

新規作成

「新規アカウント」画面が表示されるので「日本」→「次へ」と進みます。

アカウント

「Appleメディアサービス利用規約」が表示されるので、下へスクロールして「同意する」を選択します。

同意する

メールアドレス、パスワード、セキュリティ情報の質問と答え、生年月日を入力して「次へ」を選択します。

メール受信の希望は必要ないのでOFFにしておきましょう。

登録

請求先情報で「なし」、住所や電話番号を入力して「次へ」。

昔よりも適当に入力しても通るようですが、通らないなら実際の情報でも適当にホテルとか調べて使うといいです。(自己責任)

登録情報

メールが届くので、記載されているURLをクリックします。

メールの確認

メールアドレスの確認でパスワードの入力します。

偽装

これで新規アカウントの作成が完了です。

ここまでの作業はいたって普通です。

スポンサーリンク

新規アカウントの国を変える

一応、新規アカウントを最初から海外の国にしても作れるとは思いますが、中国で作ろうとしたら何故か失敗して文字も読めなくて原因がわからなかったので大人しく日本語でアカウントだけ作っているだけです。

「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「Apple IDを表示」を選択します。

Apple IDを表示

サインインを促される場合はパスワードを入力してサインインしてください。

「国または地域名」を選択します。

国または地域名

欲しいアプリが配信されている国を選択して「次へ」

中国

下へスクロールして「同意」を選択

同意

請求先情報では「银行卡」にするとクレジットカード無しで登録できます。(中国の場合)

なし

他の国でもよく分からなければ適当に選択して「完了」を押してみるといいです。ダメなら入力不足で次に進めないだけです。

どうしてもダメなら後述する「海外のApple IDを作る方法」の方法を試してみてください。

国の変更が完了すると、変更しました的な画面が表示され、登録したメールアドレスに「アカウントに変更が行われました」とメールが届きます。

完了

今回はこれで中国のアプリをダウンロード、インストールすることができました。

アプリを起動して確認できたら元のApple IDに戻しておきましょう。戻さないと日本のアプリのアップデートなどができません。

これで設定が完了です。

App Storeを開いて選択した国の言語に変わっていればアプリをダウンロードして起動してみましょう。

この後、日本に戻しても普通に使うことができます。ただし、アプリのアップデート時はまた同じ手順で国を変更しなければいけません。

一応支払い方法を確認

不安な人は一度国の変更が完了した後にApp Storeの下にあるApple IDを選択して請求先情報を確認しましょう。私の場合は自動で「なし」に変更されていました。

App Storeを開くと選択した国のApp Storeになっているので、一番下へスクロールして「Apple ID」→「Apple IDを表示する」(一番上)を選択

作成

「お支払い情報」を選択

支払い情報

請求先情報の一番下に「なし」が追加されているので選択しましょう。

iOS

海外のApple IDを作る方法

「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「Apple IDを表示」を選択します。

新しくApple IDを作るのでメールアドレスもGmail等で作っておきます。

「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「サインアウト」を選択します。

サインアウト

ここではまだ「Apple IDを新規作成」をしないでください。

サインアウトの状態でApp Storeを開いて適当な無料アプリをダウンロードしようとしてください。(クレジットカード情報入力時に「なし」を表示するため)

サインインを促されるので、「Apple IDを新規作成」を選択します。

新規作成

欲しいアプリが配信されている国を選択して「次へ」

中国

下へスクロールして「同意」を選択

同意

登録するメールアドレスとパスワード、質問と答え、生年月日を入力して「下一歩」(完了)をタップ

請求先情報の一番下に「なし」が追加されているので選択

iOS

名前や住所、電話番号などを入力して「下一歩」(完了)をタップ

電話番号や住所は中国の場合適当で大丈夫でしたが、ダメなら適当に調べて実際にあるホテルなどの住所と郵便番号を使うようにしましょう。

住所

赤枠の箇所は県庁所在地のようなものです。入力ではなく、選択式なので適当な地域を選びましょう。

今回は他の入力箇所はかなり雑で大丈夫でした。モザイクを入れてますが、東京とか入力してる部分もあります。電話番号もデタラメです。

入力に不備が無ければ登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

メールを開いて表示されたURLへ飛ぶので、Apple IDとパスワードを入力して認証を完了させます。

これで中国のApple IDが完成です。

用事が済んだら元のApple IDに戻しておきましょう。

アップデートについて

海外のアプリをダウンロードして、アップデートが必要になった場合は日本のApp Storeではアップデートできません。

そのため、海外用のApple IDを新規作成した方が後々便利になります。

アップデートのたびに国変更は結構面倒です。

スポンサーリンク

シェアする