iPhoneのバッテリー劣化状態と充電回数を確認する方法

バッテリーの状態

この記事ではiPhoneのバッテリーの劣化状態と今までの充電回数を確認する方法を紹介しています。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー劣化状態を見る方法

バッテリーの劣化状態を見ることで、現在どれくらいヘタっているかを確認することができます。

バッテリー交換の目安にもなるのでやり方を覚えておきましょう。

※iOS 11.3以上かつ、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusの端末に適用されている機能です。

「設定」→「バッテリー」

設定

「バッテリーの状態」

バッテリーの状態

バッテリーの状態を以下のように確認することができます。

バッテリーの状態

・最大容量
新品のバッテリーと比較した容量

・ピークパフォーマンス性能
この表示の下あるるメッセージ内容によって現在のバッテリー劣化具合が判断できます。

今回は「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。」となっており、バッテリーに問題のない状態です。

このメッセージはiPhoneが必要な電力を供給できず、突然シャットダウンした場合に切り替わります。

バッテリー交換、機種変更の目安にしましょう。

iPhoneの充電回数を確認する方法

外部ツールを使うことで、Mac・Windowsからバッテリーの劣化具合や充電回数を確認することができます。

バッテリーの状態を確認できないiOSやiPhone・iPadを使っている人は外部ツールを利用するといいでしょう。

スポンサーリンク

Windows

Windows版とMac版がありますが、Macでは後ほど紹介する別のツールを使った方が楽です。

iBackupBotをDLしてインストールしましょう。

iBackupBot for Windows

「Devices」からUSBで接続したiPhoneを選択

「More Inforemation」からバッテリーの状態を確認できます。

少々見辛いですが、以下のように表示されます。

英語

・Cycle Count:充電回数(フル充電)
・DesignCapacity:出荷時のバッテリー容量
・FullChargeCapacity:現在のバッテリー容量

Mac

coconutBatteryをDLしてインストールしましょう。

アプリをクリックするだけで表示させることができるので、Macの人はこのアプリを利用した方が楽です。

※表示される項目や数値に若干の違いはあります。

coconutBattery

アプリを開いたら、上部の「IOS Device」をクリックします。

アプリ

MacとUSBで接続している端末の情報を確認することができます。

・Design capacity:新品のバッテリーと比較した現在の状態
・Cycle Count:充電回数(フル充電)

Macのバッテリー状態も確認できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする