iPhone・iPadでPDFが見れない?無料アプリで閲覧する方法

PDF

iPhone・iPadの写真アプリではPDFは見れない。しかし、無料アプリを使うことで簡単に閲覧することができます。

この記事ではiPhone・iPadで無料アプリを使ってPDFを見る方法を紹介しています。

スポンサーリンク

PDFを閲覧できる無料アプリ

Adobe Reader

PDF の表示、注釈付け、署名をおこなえる、信頼性の高い無料のツールです。

注釈機能でテキストにハイライトやマークアップなどが可能。

Adobe Acrobat Reader

Adobe Acrobat Reader
開発元:Adobe

SideBooks

本のようにページをめくって見ることができます。

検索はできませんが、手書きメモ機能でコメントを追加したりは可能です。

SideBooks

SideBooks
開発元:Tatsumi-system Co., Ltd.
無料

他にもKindleアプリなどでもPDF書類を閲覧することができます。

アプリを使ってPDFを見る方法

iPhone・iPadへのPDFファイルの移し方はMacを利用しているのなら「AirDrop」で簡単に送る事ができますが、複数のPDFを一括で送りたい時やWindowsを使っている場合はiTunesを利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

iTunesを使ってiPhone・iPadへ送る方法

PCとiPhone・iPadを接続してiTunesを起動します。

「ファイル共有」を選択

ファイル共有

「App」欄にファイルを共有できるアプリが表示されるので、PDFを見る事ができるアプリを選択します。

SideBooks

アプリをクリックすると「書類」欄にそのアプリで現在管理しているデータを確認できます。

この書類の欄へ送りたいPDFをドラッグ&ドロップします。

ファイルのコピーが終了したらiPhone・iPadでPDFを転送したアプリを開いて確認してみましょう。

iTunesで「同期」や「完了」をする必要はありません。

AirDropでiPhone・iPadへ送る方法

一つのファイルであればMacはAirDropの方が便利かと思います。

AirDropを使ってiPhone・iPadへPDFを送ります。

AirDrop

iPhone・iPad側でどのアプリを使って開くのか選択できます。

アプリ

任意のアプリを選択するとPDFを見る事ができます。

PDFを見る事ができるアプリをインストールしていれば表示されます。
スポンサーリンク

シェアする