【リネレボ】武器・防具・装飾品のレベル上げに使う素材の集め方

素材の入手方法

この記事では『リネージュ2 レボリューション(リネレボ)』における武器・防具・装飾品のレベル上げに使う素材の集め方について紹介しています。

スポンサーリンク

装備のレベル上げに使う素材

装備のレベル上げに使う素材はそれぞれ武器は武器、防具は防具、装飾品は装飾品同士でしか使用できません。

中でも装飾品は入手しづらいため、レベル上げだけではなく、合成によるランク上げも難しくなっています。

装飾品

強化素材としては「研磨剤」と「装備」があり、素材のランクが高いほどアデナ効率が良くなります。ただし、それほど変わらないので気にしなくてもいいとは思います。

アデナを節約したい場合はドロップの多いN装備は売却し、NH以上の装備を素材にするのがおすすめです。

売却

アデナに余裕があればNランク装備も素材にしていきましょう。

装飾品はドロップ自体が少ないので、ランクNでも素材にした方がレベル上げが早くなるはずです。

研磨剤の入手方法

研磨剤は装備のレベル上げ以外に使い道もないアイテムですが、獲得経験値が多いだけでアデナ効率はあまりよくありません。同じランクの装備を素材にする方がアデナ効率はいいです。

だからといって使わないでいるとレベル上げに掛かる時間はより一層長くなります。

研磨剤は「選択ボックス」を手に入れた場合、強化素材を入手しづらい装飾品を優先的に選ぶことをおすすめします。

また、研磨剤ボックスは手に入れたらすぐに開けるのではなく、実際に研磨剤を使ってレベル上げをするまで開けないようにしましょう。

圧迫

ボックスはボックスのままにしておくことでバッグを圧迫しないで済みます。研磨剤に変えると1個ずつ枠を取るので、アデナが不足してレベル上げが出来ないときにバッグスロットが足りなくなるからです。

研磨剤の入手方法は主に「装備ダンジョン」のクリア報酬です。

装備ダンジョン

他に獲得できる機会は以下のものがあります。

・血盟ショップ(血盟レベル10以上で1日1回購入可能)
・デイリークエスト報酬(12回クリア時)
・イベントの報酬
・功績報酬
・メインクエストのクリア報酬

いずれも制限があるため、研磨剤は無駄に使わないように気をつけましょう。

装備の入手方法

研磨剤だけでは装備のレベル上げは全然進みません。そのため、ドロップなどで獲得できる装備も強化素材として使っていくことになります。

素材集め

特にN〜NHの装備はドロップしやすいため、研磨剤よりも装備を素材としたレベル上げが基本となります。

通常装備を手に入れる方法は以下のものがあります。

・放置狩り
・装備ダンジョン
・エリートダンジョン
・メインクエストの報酬
・ガチャ
・功績報酬

エリートダンジョンは30分のフィーバータイム中に多くの装備やソウルストーンなどをドロップするため、毎日欠かさず入場しておきましょう。ダイヤで延長するのもおすすめです。

エリート

ただし、獲得経験値も多くてレベルが上がりやすくなるので注意が必要です。

基本的に装備集めは制限のない放置狩りでの素材集めがおすすめです。

放置狩りではN〜NHの装備がドロップし、敵のレベルが60前後になると稀にRランクの装備もドロップするようになります。

防具>武器>装飾品の順でドロップしやすくなっています。

スポンサーリンク

キャラレベルに注意

キャラクターのレベルと敵のレベルに差があるとドロップ確率が悪くなります。

レベルアップで強化されるステータスは微々たるもので、装備の強化がしっかりできていないと段々と装備強化が難しくなっていきます。

大体キャラと敵のレベルは±3が良いとされています。

装備の強化が難しくなる理由としては、適正レベルの敵を放置狩りする時にポーションを多く使わなければ倒せなくなり、ポーションをアデナで購入してアデナ不足に陥る可能性があるからです。

装備は溜まっても強化時のアデナも足りないので、戦闘力を上げるには時間がかかるようになります。

溜まった装備を売却しても獲得できるアデナは少なく、負のループに…

適正レベルの敵を倒すのに多くのポーションが必要になった場合、放置狩りはせずに毎日の装備ダンジョンやアデナダンジョンなどにだけ通って敵の強さと釣り合う戦闘力になるまで放置狩りはしない方がいいでしょう。

アデナの稼ぎ方

レベルを上げすぎて面倒になることはりますが、決して詰むことはありません。

イベントを利用する

リネレボで開催されるイベントはしっかり利用しましょう。

スペルコレクションではHR研磨剤が報酬として獲得、フィールドのアイテムやアデナが通常時の2倍になるイベントなど。

こういったイベントもしっかり使って装備素材やアデナを集めるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする