Macで隠しファイルやフォルダを簡単に非表示・表示するショートカットキー

隠しファイル

この記事ではMacで隠しファイルやフォルダを簡単に表示・非表示する方法を紹介しています。

スポンサーリンク

隠しファイル・フォルダとは

隠しファイルやフォルダは先頭に「ドット」が付くことからドットファイルと呼ばれたり、蒸しファイルとも呼ばれています。

隠しファイルやフォルダは基本的に使用する必要はなく、OSに影響するファイルが含まれていることもあり、間違って削除などしてしまうと問題が起こる可能性があります。

そのため、普段は非表示になっています。

しかし、サーバーから「.htaccess」などのファイルをダウンロードして編集をすることがあるのですが、隠しファイルなので非表示になっていて編集ができません。

こういった時に編集作業をするため、隠しファイルやフォルダの表示・非表示を覚えておく必要があります。

ショートカットキーで表示・非表示にする方法

「macOS Sierra」からショートカットキーで表示・非表示にさせることができるようになりました。

「command + shift + ドットキー」で簡単に表示・非表示が可能です。

ショートカットキー

以前はターミナルでコマンドを入力して表示させっぱなにしていましたが、これで簡単に表示・非表示できるようになって便利になりました。

ターミナルで表示・非表示にする方法

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」でターミナルを起動します。

スポンサーリンク

表示するコマンド

隠しファイルやフォルダの表示コマンド

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

設定反映のためにFinderを終了させるコマンド

killall Finder

非表示にするコマンド

隠しファイルやフォルダの表示・非表示コマンド

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

設定反映のためにFinderを終了させるコマンド

killall Finder
スポンサーリンク

シェアする