MacでUSBメモリ/外付けHDDをフォーマット(初期化)する方法

フォーマット

この記事ではMacでUSBメモリをフォーマット(初期化)する方法を紹介します。

※MacとWindowsの両方で読み込み/書き込みを可能にします。

スポンサーリンク

USBメモリ/外付けHDDのフォーマットについて

WindowsとMacの両方を所持している人にとってフォーマットは非常に重要です。

Windowsで使っていたUSBをMacに接続してファイルを移動させたいのに認識しないといった経験はないでしょうか?

これはMacとWindowsのフォーマット形式が違うことが原因なので、USBや外付けHDDのフォーマットを両方で読み込める形式にする必要があります。

フォーマットする際はUSBや外付けHDDのデータは消去することになるので、認識できるWindowsかMacにデータを移動させておきましょう。

MacとWindowsで認識できるフォーマットの方法

USBや外付けHDDをMacに差し込んで「Launchpadを」開きます。

Launchpad

「その他」を開きます。

その他

「ディスクユーティリティ」を開きます。

ディスクユーティリティ

ディスクユーテリティの画面が開き、先ほどMacに差し込んだUSBが左の「外部」に表示されているので選択します。

USB

上部タブにある「消去」を選択します。

消去

ここでUSBの名前を決めることもできます。

名前

「フォーマット」をクリックして形式を「exFAT」か「MS-DOS(FAT)」のどちらかにします。

WindowsとMacの両方で使う場合は必ずどちらかにする必要があります。

フォーマット形式

後述しますが、MacとWindowsの両方で使える形式の「exFAT」が一番無難です。

Windowsでフォーマットする際はNTFSといったMacで書き込めない形式もあるので気をつけましょう。

フォーマット形式を決めたら「消去」をクリックします。

消去

データの消去が始まり、少し待つとフォーマットが完了となります。

Macのフォーマット形式

スポンサーリンク

・Mac OS拡張(ジャーナリング)

Macだけで使う場合にはおすすめですが、暗号化はしないのでUSBや外付けHDDを外に持ち運ぶ人には向かない。

Macだけで使う場合はこのフォーマットがおすすめです。

ちなみにジャーナリング機能とは、停電や予想外のサーバコンポーネントの故障からファイルシステムを保護するためのもので、修復が必要な事態になることを減らしてくれるものです。

・Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング)

大文字と小文字区別するため、この形式でフォーマットしたUSBやHDDにアプリを入れると使えないことがあります。

大文字と小文字を区別する必要がある使い方をする人はこの形式にしましょう。基本的にこの形式は使いませんし、使い道は普通の人にはありません。

・exFAT

4GB以上のファイルを分割することなく扱うことが可能でMacとWindowsの両方で使えます。

・MS-DOS(FAT)

MacとWindowsの両方で使えますが、4GB以上のファイルを扱うことができません。

ただし、XP〜Vistaの場合はパッチ・アップデートを適用していないと「exFAT」は利用できないので気をつけましょう。

まとめ

今は片方のPCしか持ってないけど、今後は両方を所持する可能性がある人はexFATにしておくといざファイルを移動させる時に楽です。

また、MACでexFATにフォーマットした場合は稀にWindowsで読み込めないこともあるので、Windowsでフォーマットするか、Macでフォーマット後は両方のPCで読み込みと書き込みができることを確認してからファイルを移動させるといいでしょう。

ちなみにWindowsだけで使う場合はNTFSがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする