Macのプレビューを使ってPDFの全ページを一括トリミングする方法

Mac

この記事ではMacのプレビューを使ってPDFの全ページを一括トリミングする方法を紹介しています。

スポンサーリンク

PDFをプレビューで結合させる

Macのプレビュー機能でPDFの画像ファイルは複数を一括でトリミングを行う事ができます。

JPEGなどをPDFに変換すると大体余白ができてしまうため、プレビュー機能を使って余白を取り除くと見やすくなります。

PDFで複数のページを一括でトリミングする場合は「結合」されている必要があります。

結合することで、複数のPDFファイルを1つのPDFとして扱う事ができるようになります。バラバラの画像を1冊の本にするようなイメージですね。

1ページ目となるPDFをダブルクリック
ページの順番はサムネールでドラッグ&ドロップすると簡単に入れ替えることができます。
メニューバーの「表示」→「サムネール」をクリック

サムネール

サイドバーにサムネールが表示されます。

結合したいPDFを全て選択し、サイドバーへドラッグ&ドロップ

コピー

これでPDFファイルを一括で編集する準備ができました。

プレビューでPDFを一括トリミングする方法

結合したPDFをプレビュー開き、「マークアップツールバー」を表示させる

ツールバー

点線の四角が切り抜きアイコンです。

切り抜き

切り抜きアイコンを選択して、切り抜きたい範囲を選択
囲んだ範囲の内側が切り抜かれ、外側が削除されます。

まずは大雑把に範囲を選択してから青い点を移動させて微調整しましょう。

範囲の微調整

範囲選択ができたら一括でトリミングするために他のPDFを選択します。

サイドバーを一回クリックしてからショートカットキーの「command+A」を押す
1ページめを編集している場合、2ページ目の数字に青い丸が付いていればすべて選択できているはずなので、全ページ選択できているかの確認は2ページ目だけを見れば十分です。

すべて選択

「切り抜き」をクリック

切り抜き

始めてこの作業をやる場合は「PDF書類を切り取っても、選択範囲外の内容は削除されません」と表示が出るので「OK」を押してください。

実際には完全に削除したわけでは無いので、一部のアプリで表示する場合に削除部分が表示される場合があるとのことです。

殆どのアプリで選択範囲外の内容が表示されることはありません。

編集内容は自動で保存されます。

失敗した場合、プレビューを開いたままならショートカットキーの「command+z」で戻す事ができます。

スポンサーリンク

シェアする