【陰陽師】茨木童子の性能とおすすめの御魂【SSR】

茨木童子

この記事ではスマホゲームの『陰陽師』に登場するSSR茨木童子の性能やおすすめの御魂を紹介しています。

スポンサーリンク

茨木童子のスキル

スキル

覚醒前と後でスキルレベルを上げれるスキルは同じなので黒ダルマはいつ使っても問題ありません。

攻撃力と会心を上昇させることで非常に強力ですが、Lv30付近まではちょっと物足りない火力。

スポンサーリンク

黒炎

目標に100%相当のダメージを与える。さらに2ターンの間、目標に対する与ダメージが30%(+本来の確率×効果命中)の確率で20%アップする。

Lv2:スキルの追加ダメージ+5%
Lv3:スキルの追加ダメージ+5%
Lv4:スキルの追加ダメージ+5%
Lv5:スキルの追加ダメージ+10%

八つ当たり

パッシブスキルなのでレベルは上がりません。

茨木童子が敵を倒した時、オーバーしたダメージの100%相当のダメージを敵全体に与える。(覚醒前は50%)

ただし、召喚された敵を倒した場合は効果発動無し。

地獄の腕

目標に攻撃力の263%のダメージを与える。

Lv2:スキルの追加ダメージ+5%
Lv3:スキルの追加ダメージ+5%
Lv4:スキルの追加ダメージ+5%
Lv5:スキルの追加ダメージ+10%

茨木童子におすすめの御魂

破勢の4セットがおすすめです。

4セット効果で敵のHPが70%以上のとき、40%の追加ダメージを与える。

残りの2つは会心か攻撃力が上がる御魂をセットするのがいいです。

茨木童子の評価

最初から最後まで高火力を出すことができる最強のアタッカーです。

単体火力も最高峰で、敵を倒した時にオーバー分が敵全体攻撃となるので全体攻撃役としても優秀です。

倒しきれない場合は全体攻撃にならないので気を付けましょう。

高い攻撃力を誇る茨木童子ですが、HPと防御力が少し低いのでPVPなどではすぐに退場させられることも多いです。

他の式神で補ったり、先制攻撃ができるように御魂に素早さがついているものを装備させたい。

基本的には1ターン目の通常攻撃で与ダメージUPバフを付けてから2ターン目で第3スキルを使うのが最もダメージが出せます。

鬼火を増やせる座敷童子などとPTを組むと安定します。

スポンサーリンク

シェアする